まだ一度もアップグレードしていないPCでwindows10をインストールする2016-10月

2016/10/21[公開] 2017/04/13[最終更新]

 まだ一度もwindows10にアップグレードしたことがないパソコンを、windows10 Anniversary UpdateのISOファイルでアップグレードをかけてみました。マイクロソフト提供の「MediaCreationTool」で今すぐアップグレードをした内容です。

 7/29日に終了した無償アップグレードキャンペーンですが、8月にアップグレードした記事から2ヶ月、コメント欄でライセンス認証が通った人と、ダメだった人がいて混乱しています。10/21日現在のテスト結果です。

スポンサーリンク

まずはクリーンインストール

 用意したPCは、NEC LaVie LL900/CD(型番:PC-LL900CD)です。2005年発売のXPプリインストールモデルですが、VistaコンパチブルモデルなのでメモリーをMAX積めば、windows7も10でも32bit版ならテスト用として使えます。何年もタンスにしまったまま廃棄寸前のPCを譲り受けてきました。

 まずは、windows10のMediaCreationToolでダウンロードしたISOファイルをDVD-Rに焼いて、Homeエディションで新規インストール(クリーンインストール)しました。古いBIOSタイプのPCなので、プロダクトキーを空欄でインストールしてネットに接続すると、過去にwindows10にアップグレードした機種かどうか判別することができます。詳しい手順は、過去記事をご覧ください。windows10クリーンインストールでアップグレード履歴の確認をする

ライセンス認証通らず

 windows10のデスクトップが立ち上がってインターネットに接続した状態で、 スタートメニュー 設定 更新とセキュリティ ライセンス認証 の画面を開くと、ライセンス認証はされていません。何年も電源すら入れていなかったので当然ですが、windows10無償アップデート期間にアップグレードしていないPCということが証明されました。

クリーンインストールでは、ライセンス認証は通らない
クリーンインストールでは、ライセンス認証は通らない

windows7からアップグレードしてみる

 次に、PC構成そのままでwindows7 Home Premium SP1をインストールしてライセンス認証された状態で、windows10のMediaCreationToolから「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、アップグレードをかけてみました。「プロダクトキーを入力してください」画面は、「このPCにwindows10を再インストールしています」を選択します。ここが最近変更になったようです。

ライセンス条項に同意
ライセンス条項に「同意する」で進む
今すぐ
「このPCを今すぐアップグレード」を選択
再インストールしています」を選択
「このPCにwindows10を再インストールしています」を選択
もう一度、ライセンス条項に「同意する」で進む
もう一度、ライセンス条項に「同意する」で進む
すべてを引き継ぐになっているのを確認して「インストールする」で進む
個人用ファイルとアプリを引き継ぐになっているのを確認して「インストール」で進む

 あとはインストール完了して、初回セットアップを済ませてデスクトップまで立ち上がれば、アップグレード完了です。

デジタルライセンスの付与は

 windows10のデスクトップまで立ち上がったら、インターネットに接続した状態で、 スタートメニュー 設定 更新とセキュリティ ライセンス認証 の画面を開くと、デジタルライセンスが付与されて認証されていました。

デジタルライセンスが付与されています
デジタルライセンスが付与されています

キャンペーンは終了しています

 以上が今回の実験の結果です。無償アップグレードキャンペーンは終わっているので、もう知らない間にwindows10にアップグレードしてしまうことはないですが、自発的にwindows10にアップグレードすることはできるようです。ただし、マイクロソフトの公式発表はないので明日ライセンス認証が通らなくなる可能性も十分あります。むしろ、そうなるはずである予定なはずですが。

 過去記事のコメントで報告頂いていますが、無償版のwindows8.1 Bingではwindows10のデジタルライセンスが付与されなかったという報告もあるので、キャンペーン用認証システムがそのまま放置されているという説ともちょっと違うようです。マイクロソフトの真意はわかりませんが、常に最新のwindowsをということなのでしょうか。

(2017/04/13追記)Creators Updateでもテストしてみました。テストしたのはwindows7からアップグレードです。windows8.1では未確認です。まだWindows10インストール履歴のない7PCをCreators Updateでアップグレード

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“まだ一度もアップグレードしていないPCでwindows10をインストールする2016-10月” への34件の返信

  1. 情報ありがとうございます。

    同じようにやってみたらできました。

    さらにUpgradeで認証された後、
    クリーンインストールをしたら成功しました。

  2. この方法はライセンス認証がされていないWin7では出来ないですよね?
    これ出来たらお金出してWin10買った人達は何なんだって話ですしマイクロソフトも流石にそこまで甘くないと思いますがどうなのでしょうか?

    1. トドさん、もちろん7でライセンス認証が出来ていることが条件です。
      ライセンス未認証の状態ではアップグレードインストールはできません。

  3. こちらを参考にして2016/11/28にWin8Pro64bit→Win10Pro64bitのアップグレード成功(デジタル認証OK)いたしましたのでご報告します。ちなみにThinkPad T530でした。

  4. こちらを参考に2017/1/2にアップグレード、グリーンインストールできました。年越しで心配でしたが問題ありませんでした。情報ありがとうございました。

  5. マイクロソフトがWindows10を執拗にユーザーに勧めてくる理由ですが、将来的にOSのライセンス形態を月額課金制に移行したいという意図があるようです。

    企業向けWindows 10の月額定額サービス–これが示す兆候は
    http://japan.zdnet.com/article/35086274/

    これはビジネス向けですが、既に月額課金がスタートしています。
    最終的にはすべてのユーザーを月額課金制に移行して今までのようなライセンス付のメディア販売は時代にそぐわないので止めようということなのでしょう。

    参考までにビジネス向けの月額課金ですが、Windows 10 Enterprise E3 for CSPというもので、月額7ドル/1台だそうです。

  6. クリーンインストールの段階で「プロダクトキーを空欄でインストール」として実験されていますが、そこにそのPCに貼り付けられているWin7のプロダクトキーを入力した場合はどうでしょうか?
    誰か実験された方はみえませんか?

    1. RS-Xさん、無償アップグレードキャンペーン期間中でしたら、PCに貼り付けられているプロダクトキーで認証できました。
      ただし、キャンペーン終了後は試したことがないです。
      ダメなら「このプロダクトキーでは認証できません、別なプロダクトキーを入力してください」と出るだけなので、試してみるのが良いかと思います。

  7. 無償期間中にWin7Pro32bitから一度Win10 32bitにアップグレードしましたが、即戻しで1年以上そのままでした。自作機なのでその間CPU、メモリ、SSD換装していますが、今回Win10 32bit認証成功後、Win10 64bitへ無償でアップグレード成功しました。
    ご報告まで。

  8. 2017年2月4日、新規購入のHPのタブレット、無償版のwindows8.1 BingからWindows10にアップデートできました。
    「このPCを今すくアップデートする」でメディアを使わずに実施致いたしましたが、まったく問題ありませんでした。

  9. 2017年3月、記載の通りWin7Proからアップグレードで試したところ
    設定アイコンからのライセンス認証画面ではデジタルライセンス認証済みのメッセージだったけど
    コンパネのシステムでライセンス認証部分は未認証(インターネットに接続要求)の表示になっていました。(もちろん、ネット接続環境状態です)
    これってどうなんでしょうね???
    ※ちなみに、Win7ProのキーでWIn10Proのクリーンインストールを試したらやっぱりキー違いではじかれました(笑)。

    1. 通りすがりの抹茶さん、プロダクトキー空欄でクリーンインストールを試してみるとどうでしょうか。
      windows10のデジタルライセンスはPC個体に付与されるものなので、それで白黒付くと思います。

  10. 2017年3月10日成功報告です。
    富士通製Windows 7 HomeプリインストールPCにて本方法でのアップグレードを実施したところ、
    デジタルライセンスの付与まで問題なく実施できました。
    付記として、アップグレード後に改めてクリーンインストールを行いましたが、その場合もライセンス付与まで成功しました。

  11. 2017年5月7日にwindows7(64bit)から事前に作成しておいたインストール用DVDを使って無償アップグレードできました。過去にwindows10へアップグレードは行ったことがない機種です。
    プロダクトキーの入力は求められませんでした。
    SONY製VAIO-Cです。

    1. hiroさん、報告ありがとうございます。
      windows7を立ち上げた状態からアップグレードをすると、プロダクトキーの入力は求められないです。

  12. 2017年5月8日 最近組み立て直した、自作PCにて。
    いまだ一度もWindows10でのアップグレードしたことが無いCPU・MB・SSDなどの組み合わせでWindows7をインストール(認証)した後にWindows10へのアップグレードとライセンス認証に成功しました。Proでは無くHome(64)ですがライセンス認証されています。この後何台か試してみたい自作機があります。Windows7のサポートも三年程度で終了?らしいので、試してみる価値は有りそうですね。有難う御座いました。

    1. 海坊主の戯言さん、成功報告ありがとうございます。
      そのPCでwin7がインストールできるのなら、win10で使ってほしいのかもしれませんね。

  13. DELLのノートXPS15 L521xをwin7からwin10にアップグレードし、ライセンス認証も成功しました。
    また、マイクロソフトアカウントを取得後、HDDをSSDに換装。
    win10をメディアに落とし、クリーンインストール。無事にライセンス認証まで完了しました。
    こちらのブログを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

  14. 2017/09/16
    自作PCで Win8.1 無印 (アップグレードなし)からWin10 Homeにクリーンインストール(事前に8.1のCドラはバックアップ済み)する際、すんなりとライセンス認証が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です