まだwindows10に無償アップグレードが可能なのはなぜか

2016/08/07[公開] 2016/10/22[最終更新]

 windows10無償アップグレードは2016年7月29日で終了しました。ところが、この記事を書いている8月6日時点で、まだ一度もwindows10にアップグレードしたことがないPCをwindows10 Anniversary UpdateのISOファイルでアップグレードしてみたら、なぜかデジタルライセンスが付与されてますよという内容です。一体どういうことでしょうか。

まだ一度もアップグレードしてないPCで

 過去に一度もwindows10にアップグレードしたことが無いPCで、windows10 Anniversary Updateでアップグレードしてみました。

 いままで一度もアップグレードしていないことを証明する方法は、別なPCから同じエディションのwindows10インストール済みのHDDを換装して起動させてみて、ネット接続した状態でライセンス認証がされていなければ、アップグレード履歴がないと確認できます。

 一度でもアップグレードして元のOSに戻していれば、インターネットにつなぐだけでwindows10のデジタルライセンスが付与されます。この方法で未アップグレードPCであると確認した下記PCでテストしてみました。

  • 富士通ノートPC型番:FMVA42KW
  • windows8 Home 64bit版プリインストールから現在はwindows8.1 Home
  • UEFIファームにwindows8 Homeデジタルプロダクトキー内蔵
  • マイクロソフトアカウントでログイン中

普通にアップグレードしてみる

 windows10 Anniversary UpdateのISOファイルはコチラのマイクロソフト公式からダウンロードしました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

 ダウンロードしたメディア作成ツールで、USBメモリーを作成してアップグレードしました。

更新プログラム
更新プログラムをダウンロードするにチェックで「次へ」
ライセンス条項に同意して
ライセンス条項に同意して
亜プチと
個人ファイルとアプリを引き継ぐになっているのを確認して、「インストール」

 これでアップグレードがスタートして、何度か再起動がかかり、ようこそ画面から初期セットアップを済ませてデスクトップ画面が出たら、アップグレード完了です。

デジタルライセンス付与された

 windows10にアップグレード後、インターネットに接続した状態で 設定→ 更新とセキュリティ→ ライセンス認証の画面を開いたら、windows10のデジタルライセンスが付与されて認証済みとなっていました。つまり無償アップグレードできたということです。

ライセンス認証が通っている
ライセンス認証が通っている

なぜかアップグレードできる

 無償アップグレードは終了しているはずなのに、なぜかアップグレード出来てしまいました。これは一体どういうことでしょうか。障碍者向けには無償アップグレードが継続されているという情報もありましたが、なぜか現在は誰でもアップグレードできる状況です。

 今回アップグレードしたのは、無償アップグレード終了から8日目だったので、考えられるのは無償アップグレードは終了したが、まだ猶予期間があったという可能性があります。無償アップグレード終了までにAnniversary Updateが間に合わなかったというのも関係しているかもしれません。ですので、今後しばらく経ったら無償アップグレードが本当に出来なくなっても不思議ではありません。というか、現在アップグレードできてること自体が不思議なことですが。

(2016/10/22追記) その後、コメントでアップグレードできた、できない両方の結果を頂いております。再度、無償キャンペーン中にアップグレードしていないPCでテストしてみた結果を記事にしました。まだ一度もアップグレードしていないPCでwindows10をインストールする2016-10月

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

「まだwindows10に無償アップグレードが可能なのはなぜか」への41件のフィードバック

  1. > windows10インストール済みのHDDを換装して起動させてみて、
    > ネット接続した状態でライセンス認証がされていなければ、

    PC-A(HDD-A) … Windows10アップグレード済み
    PC-B(HDD-B) … Windows10にアップグレードしたことがあるか不明。

    PC-B(HDD-A)のマシン構成の不整合が原因でアクティベーションできなくて
    Windows10のライセンス認証に失敗してるだけなのでは?

    1. あさん、コメントありがとうございます。
      たとえば、パーツ構成も型番もメーカーも違うもう一台でテストするとライセンス認証が通ります。
      PC-C(HDD-A)…Windows10にアップグレードしたことがある
      UEFIにデジタルプロダクトキーが内蔵されているPCで、アップグレードしたことが無いのを証明する方法というのはこれくらいしか思いつかないだけで、必ず証明できるかというと、できないかもしれません。
      BIOSタイプのPCならば、プロダクトキー空欄でクリーンインストールすれば判別できます。

      そうでなくても、この記事でテストしたPCは、アップグレードしたことがないと知っているPCでテストしています。(客観的に証明はできませんが。)

  2. この下記の私の情報は載せないほうが良いかもです。

    ここの情報を見て、いろいろやってましたらWindows7からWindows10へできちゃいました。
    期限は過ぎてるのに・・・。

    さらに死蔵していた1個1200円だった複数のWindows 8 ProのキーでWindows 10 HomeのProへのアップグレードまでできちゃいました。
    2個目でOKでした。

    Windows 7で発生してるWindows Updateが終わらない現象が解決するまでは10への無料アップグレードは非公式には期限は伸びてるのかも。
    いつまでもCPU使用率が高いので壊れてしまったパソコンとかあると思いますし。
    ノートだとWindows Updateを自動にしてる人がバッテリーだけで駆動してるときに終わらないのはたまんないですよね。
    「バッテリーがすぐなくなる」なんて感じてて原因不明な素人さん多いかも。

    1. 九州男さん、コメントありがとうございます。
      できるものはできるで良いのではないでしょうか。
      キャンペーンは終了したのは確かです。

  3. Windows 10 HomeをWindows 8 Proのキーでアップグレードするのはもったいなかったかなと。

    Windows 8 ProのキーはDSP版と同じ扱いなのはマイクロスフトに確認済だったのですが、windows 10 Proへアップグレードすると、DSP版みたいに他のパソコンへライセンスを移せなくなると思われます。

    Windows 10のHomeとProのライセンスの両方を持ってるパソコンが出来上がるようですが、どちらのライセンスも他のパソコンへは移せないと思われます。

  4. >DSP版みたいに他のパソコンへライセンスを移せなくなると思われます。

    文面が変でした。

    DSP版はもともと他のパソコンへライセンスを移すことができるのですが、これができなくなると思われます。

    に訂正です。

    1. たしかにテストで使うのはもったいなかったかもしれませんね。
      windows10のライセンスはPCに付与されるものですから移動は出来ないです。
      元のwindows8proの扱いはいままで通りだと思いますが。

    2. 一応MicrosoftPartnerなので
      >DSP版はもともと他のパソコンへライセンスを移すことができる
      DSP版については Win8の一部単品販売されていたもので、途中からハードウェアの一体としての販売と変更されております。
      購入時の規約に準じての移動は可能ですが ハードウェア一体の規約適用の場合はハードウェアと一体で移動となります。

      メモリとOSの一体販売が適用されている場合 メモリも含めて移動が必要です

      OS単品としての販売が適用されている場合は 文面は間違っておりません

      完成品パソコンにインストールされた状態で購入した場合 他のPCへインストールは認められません。

  5. Youtubeで動画あげてますが理由は説明してあります。
    9月にいったんまとめる予定をしておりますが
    現時点でも認証は可能です、MSアンサーデスクからの情報としては暫定猶予してるようです。
    当初は8月2週までと回答もらってましたが延長されているようです。
    公式ページでの公開はされておらず個別回答です。

    1. 伊賀さんの動画さん、コメントありがとうございます。
      公式にはキャンペーンは終了していますからね。
      たとえ、無償アップグレード出来たとしても「実は、期間中にアップグレードして戻してたのでしょ?」
      の一言で片付けられますから問題にもならないと思います。

  6. 僕もできました。

    Windows 8.1 -> Windows 10 Home

    アップグレード、クリーンインストール両方とも認証OK!

    Microsoft としても 8.x のユーザが 残っているより
    10 に乗換えてくれた方がいいでしょう。

    Windows as a service として他で収益をあげられる可能性もあるし・・・

    1. ilovepcさん、コメントありがとうございます。
      まだ可能でしたか。
      いくら出来たと公言しても、キャンペーン期間中にアップグレードしていた疑惑を拭えない以上、マイクロソフトも放っておいて構わないということなのかもしれません。

  7. 皆様の中で、最近実行された方いらっしゃいますか?
    私は本日(10月4日)実行してみましたが、完了できませんでした。

    1. EBIZOさま、完了できなかったとはライセンス認証が通らなかったということでしょうか?
      私の手持ちPCは、全部アップグレード済みの弾切れで確認できません。

  8. 今日、この記事で紹介されているリンクのところから、インストールメディアをUSBフラッシュメモリにダウンロードして試したら、8.1から10にアップグレードできました(10に一度もしたことがないノートパソコンです)。ライセンス認証ももらっています。プロダクトキーも発行されています。
    行った手順としては、まず、この記事で紹介されていたmicrosoftのページへと飛んで、インストールメディアをUSBフラッシュメモリにダウンロードしました(この操作はwindows10のデスクトップで行いましたが、アップグレードの成功には関係ないと思います)。そのページの指示に従って、アップグレードしたいノートパソコンでブートするプログラムの順番を、windows10のインストールメディアが入っているUSBフラッシュメモリが一番になるよう、BIOSから設定したところ、同じ画面がループしてうまく行きませんでした。
    そこで、BIOSのブート設定を元に戻して、普通にWindows8.1にサインインしてから、フラッシュメモリに入っているsetup.exeを実行すると、途中までうまく行ったのですが、「はじめて10をインストールする方はwindows10のプロダクトキーを入力してください」との画面が出てきました。windows10のプロダクトキーなんてないので、困ったなと思っていたら、下の方に、「windows10を再インストールする方はこちら」との文字があったので、ダメ元でクリックしてみました。すると、あとは、この記事の紹介の通り、10のインストールが進み、めでたくアップグレードが完了しました。

    1. roroさん、コメントありがとうございます。
      初めてwindows10にアップグレードする場合、windows8.1/7が起動した状態で、作成したUSBかDVDのsetup.exeを実行する必要があります。
      PCのブート設定でUSBやDVDから起動すると、アップグレードではなく、新規インストールしか選択できませんので、コメントの通り同じ画面でループする事になります。
      まだライセンス認証が通ることについては、まだ放置されたままのようですね。
      10に一度もしたことがないと確信していても、実は知らないうちにキャンペーン期間中にアップグレードしていたという可能性を否定できないので、そういうものかと思うしかないですね。

      1. なるほど、ブート設定からは新規インストールで、アップグレードはできないんですね。
        やはりライセンス認証が通るのはどういった仕組みなのかいまいちよくわかりません。一度アップグレードしていたという可能性ももしかしたらあるのかもしれませんね。

  9. 3回試しましたがライセンス認証が通りませんでした。
    ちなみに8.1のbingからです。
    そもそも上の「再インストールの方云々」は
    1度でもインストールしたことがある証拠かと。
    まんまと騙されてしまいました…やれやれです。

    1. 情弱間抜けさん、ダメでしたか。
      そもそも7/29で終わってるはずなので、なんとも言いようがないですね。
      私もテストしてみたいところですが、手持ちPCはアップグレード済みの弾切れ状態です。

  10. こちらのブログを参考にデュアルブートで全然使用していなかった8.1homeを別PCで10にアップグレードしてみました。結果、できました。
    ただし私の場合はアップグレードではなく新規インストールでした。32bitで64bitのインストーラーが動かせなかったという初歩的理由です。
    インストール途中の選択は一度でも…でID入力スキップで、インストール後はライセンス認証されていない状態だったのでWindows上で8.1のIDを使用してライセンス認証するとあっさりOKでした。
    非常に参考になりました。

    1. pepsiさん、成功報告ありがとうございます。
      32bitから64bitでインストールの場合は、その方法になりますね。

  11. W10はまだUPグレードで普通に認証されますよ。

    参考書です。
    http://makeyoufree.net/windows10-clean-install-without-upgrade/

    この中のgatherosstate.exe実行してGenuineTicket.xmlを作成します。
    そして所定のファイルにパッチすると認証されます。
    また、作成したGenuineTicketはUSBメモリに保存しておくと次の別のPCにW10をインストールした時に作成の手間が省けます。
    10月にもPC4台認証出来ました。

    1. 通りすがりの者ですがさん、コメントありがとうございます。
      現在は、正攻法でプロダクトキーを手入力すればクリーンインストールも可能です。

  12. Windows7Proから10Proにアップグレードできました。
    DELL用のWindows7(Amazonで3500円くらいで買った)を入れたHPのノートをアップグレードしました。
    「はじめて10をインストールする方はwindows10のプロダクトキーを入力してください」って出て焦りましたがroroさんのコメントを見て切り抜けられました。
    ありがとうございました。

  13. 11月24日にアップグレードできることを確認しました。
    方法はこちらのサイトに書いてある通りにしました。
    環境はwin8.1home32bitのwinタブです。

    プロダクトキーを求められ、いったんは諦めてキャンセルしたのですが、もう一度試すと今度はなぜかキーを求められることなく進めることができました。

    1. まるぽさん、成功に報告ありがとうございます。
      インストールDVDかUSBから起動するとプロダクトキーを求められます。
      Windows8.1を立ち上げた状態で、アップグレードするとプロダクトキーは求められません。

  14. 死蔵していたWindows7proからのアップグレード、昨晩成功しました。
    こちらの記事を参考にさせていただいたので、感謝とともに報告します。

    余談ですが、skylake世代の自作パソコンへのインストールでしたので、USBメモリ経由のWindows7proのインストールは、インテルの出しているアドインが必要だった点。
    7にして以降、Windows10を入れる際には、ライセンス認証をしていても、オンライン上ではなく、USBメモリ経由でないとアップグレードができない点。(今回、DVDでは試していません)
    このあたりがポイントでした。

    1. 通りすがった人さん、コメントありがとうございます。
      障碍者向け支援もありますし、PCメーカーの修理保証でマザーボード交換時の問題もあります。
      無償キャンペーンで、すべての対象PCがアップグレード済みである前提なのかもしれません。
      しばらくはこの状態が続くと思います。

  15. 普通にwin7から10に出来ましたね
    元々無料期間中のダウンロードは表示がうざいので消していましたので 未ダウンロードだったのは確認済み
    未ダウンロードの状態から 本日2017年1月14日に ダウンロード→成功 デジタルライセンス認証済みになっていますので まだ出来るってのが答えだと思います

    1. こももんさん、成功報告ありがとうございます。
      無償期間中に全対象PCがアップグレード済みであるという前提なのかもしれませんね。

  16. 昨日アップデートを試み、成功しました。
    レッツノートのNX2です。
    DellのデスクトップワークステーションでUSBに一度落として、
    そのUSBを使ってレッツノートのNX2をWin7からWin10にアップデートできました。
    参考になりました、有難うございました。

      1. あと、書き忘れて恐縮ですが、DellワークステーションとUSBを経由せずに、いきなりNX2に「このPCをUPDATEする」方法も最初試してみたのですが。12時間程度経過しても、「99%」まではいくのですが、最後の1%が進みませんでしたのです。
        やはりUSB経由がよいと思います。それなら1~2時間出てきたと思います。

  17. 参考になる記事、ありがとうございました。
    我が家のThinkpad X61、X61sの2台ともに難なくWin7からWin10にアップグレードできました。
    メモリだけ4Gに変更。インストール作成ツールをダウンロードして、「このパソコンをアップグレードする」で2時間程度で無事に終わり、ライセンス認証もされていました。
    残るは、XPのレッツノートをどうするかだけになりました。OEM版ライセンスは他のPCではダメらしいので、Win7のプロダクトIDでも入手して試してみます。

  18. VISTAのサポートが終わるとのことで、今年になって新規PCを購入しました。
    2008年以来使用したVISTAノートパソコン(ダイナブック)を捨てるのは忍びないので、こちらの記事を参考にダメもとでWin10にクリーンインストールしました。
    結果は成功しました。旧ノートがまだまだ働けそうで複雑な心境です。ライセンス認証もされていました。

    1. たまこさん、コメントありがとうございます。
      Vistaノートパソコンにwin10クリーンインストールで認証されていたということは、
      過去にwindows10にアップグレード済みだったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です