VersaPro VKV27/F(2018年夏モデル)のSSD換装とクローン作業

2020/05/04[公開]

vfv27-1

 NECノートパソコン VersaPro タイプVF(型番:PC-VKV27FBGS3R3)のSSD換装作業のご依頼をいただきました。現在、SSD換装とクローンの作業は訪問作業だけではなく宅配便での郵送依頼も承っております。今回の作業もブログを見てのご依頼です。ありがとうございます。

スポンサーリンク

準備したもの

 換装用のSSDはSanDiskの500GBです。今回はお客様にてご用意のSSDです。

 この機種のHDDを交換するための分解難易度はわりと高めというか面倒です。キーボードをひっぺがしたり、小さなコネクターを外すので、分解・開腹ツールを使った方が傷をつけにくく作業が捗ります。Amazonでスマートフォン用で探すと購入できます。

 最近覚えた技ですが、テレフォンカードのようにペラペラのカードを使うと最難関のキーボード剥がしが簡単に行えます。

テレフォンカードのようなカード
テレフォンカードのようなカード

分解手順

 バッテリーを外し、裏側から見えるネジをすべて外します。メモリーのフタを外したところにも2本ネジがあるので注意です。

裏側のネジをすべて外す
裏側のネジをすべて外す

メモリーのフタを外したところの2本のネジも外す
メモリーのフタを外したところの2本のネジも外す

 通常使うスタイルにひっくり返し、キーボードをひっぺがしていきます。キーボードの右上角にテレフォンカードを突っ込み、そのカードに沿って開腹ツールを滑らせるように入れていくと、わりと簡単にツメを外していけます。

テレフォンカードを入れる
テレフォンカードを入れる
カードに沿ってツールを入れていく
カードに沿ってツールを入れていく

 キーボードをタッチパッド側に傾けるように持ち上げます。裏でコネクターが本体とつながっているので持ち上げ過ぎないように慎重に開きます。

 キーボードの裏からつながっているコネクターの白い部分を90度上に持ち上げると、コネクターケーブルを抜くことができます。これでキーボード部分を取り外すことができます。

コネクターを外してキーボードを取り出す
コネクターを外してキーボードを取り出す

 キーボードを外したことにより、見えるようになった5本のネジを外します。ネジの長さが2種類ありますが、ネジ穴のそばに「2.5M×7」「2.5M×4」と文字が刻印されているので戻すときの目安になり間違いが無いです。

ネジを5本はずす
ネジを5本はずす

 さきほどキーボードのコネクターを外したのと同じ要領で、さらに小さいコネクターを2箇所はずしておきます。下画像の上の方のコネクターは黒い保護テープで隠れているので、テープをはがした下にあります。

 これで前面のパネル全体が外れるようになっています。開腹ツールを使って裏のツメを外しながら慎重に外していきます。

 先に液晶のヒンジ裏のあたりから、バッテリーを外したところから見える裏側のツメを外しておくとパネル全体を外し易くなると思います。初めて外す場合は相当に固いのでツメを割らないように慎重な作業が必要です。

バッテリー裏のツメを外しておく
バッテリー裏のツメを外しておく
前面パネルを取り外します
前面パネルを取り外します

 前面パネルを外したら、HDDが見えるようになりました。

HDDにアクセスできるようになった
HDDにアクセスできるようになった

 HDDを止めている3本のネジを外して、HDDを持ち上げながらSATAコネクターを外します。

ネジを3本外す
ネジを3本外す
HDDを持ち上げながらコネクターを外す
HDDを持ち上げながらコネクターを外す

 搭載されていたHDDはWD BlueのWD5000LPCX(500GB)でした。マウンターをSSDに付け替えます。

HDDとSSDを入れ替える
HDDとSSDを入れ替える

 あとは全てを元に戻して換装作業は完了です。

クローン作業

 HDDをSSDに丸ごとコピー(クローン)しました。起動時にF2キーでBios画面に行き、Exit⇒Boot OverrideでTodoBackupのブータブルディスクを指定して起動しました。

 USB外付けにしたHDDから内蔵SSDへのクローン、SSDに最適化オプションにチェック、データ使用量は約67GB、クローン待ち時間は約19分でした。

 私がいつも使う EaseUS TodoBackupのブータブルディスクでクローンを行う手順は過去記事を参照してください。

作業完了

 以上でクローン作業完了です。HDDを丸ごとクローニングしているので、いままでの環境そのままSSDの高速化の恩恵を受けることができます。

 出張サポートでなくても宅配便のやり取りだけでも十分なサポートが行えるのがクローン作業の利点です。

CrystalDiskMark7.0.0のテスト結果
CrystalDiskMark7.0.0のテスト結果

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です