EaseUS Todo Backup パーティションサイズを変更してクローンディスク作成方法

2016/06/04[公開]

 EaseUS Todo Backupを使い、容量サイズの違うHDDやSSDにディスクを換装させる際に、元のディスクの内容そのまま、Cドライブのパーティションサイズだけ変更してクローンを作成する手順です。EaseUS Todo Backupの標準機能ですが、その操作画面を出す方法がわかりづらいのでご紹介します。

 個人向け有料版Todo Backup Home、個人向け無料版Todo Backup Freeのどちらでも共通の操作方法です。ダウンロードは下記EaseUS公式ページからできます。この記事を書いた時点のバージョンは9.1でした。

個人・ホームオフィス向け無料版完璧な無料データバックアップソフト – EaseUS Todo Backup Free

個人・ホームオフィス向け有償版個人ユーザ向けの簡単かつ安全なバックアップソフト – EaseUS Todo Backup Home

スポンサーリンク

サイズを変更してクローン作成手順

 Todo Backupを起動させたら、トップメニューの「クローン」をクリックして、ソースディスクとターゲットディスクを選択します。ターゲットディスクを選択したら、「次へ」を押す前に編集」を押すとパーティション位置の変更や、サイズ変更の画面を出すことができます。

 この、ターゲットディスクのチェックをクリックして「次へ」を押す前の状態でしか「編集」が押せないので、ついついココをすっ飛ばして進むと、「あれ?サイズ変更できないのかな?」となってしまうので注意です。

トップ画面から「クローン」をクリック
トップ画面から「クローン」をクリック
ソースディスク(コピー元)を選択
ソースディスク(コピー元)を選択して「次へ」
ターゲットディスク(コピー先)を選択したら、「編集」をクリック
ターゲットディスク(コピー先)を選択したら、「編集」をクリック
パーティション編集画面が出てきます
パーティション編集画面が出てきます

マウス操作でパーティション編集

 このパーティション編集画面は、マウス操作で変更したいパーティションをクリックして、カーソルが のときにドラッグで位置の移動、カーソルが のときにドラッグでサイズ拡大縮小となります。サイズが小さいパーティションを編集するときは、マウス操作がかなりシビアになります。

サイズの大きいHDDにクローンを作る場合

 より大容量のHDDにクローンを作る場合で、メーカー製PCのCドライブを拡大する場合は、Cドライブより右側にあるリカバリー領域やDドライブをサイズそのまま で右に移動してから、Cドライブを でサイズを目一杯サイズ拡大します。

サイズの小さいSSDにクローンを作る場合

 SSDにクローンを作る場合は、サイズが小さくなるケースが多いと思います。この場合は、空き容量を自動で縮小させたパーティション区切りが自動で設定されています。自動設定されたCドライブのサイズを修正する場合は、右側のDドライブパーティションの空き容量を で右側から縮小させてから、 でDドライブ全体を右に移動します。そして空いたスペース分、Cドライブのパーティションを で右に拡大させます。

SSDの場合はSSD最適化にチェック

 SSDにクローン作成する場合、このターゲットディスクを選ぶ画面に SSDに最適化にチェックを入れたほうが、クローン作成後、OSが起動できないというトラブルが少なくなるようです。

SSDの場合は、
SSDの場合は、「SSDに最適化」にチェックを入れる

富士通の場合要注意

 以上でパーティションサイズを変更してクローンディスクを作成できました。メーカー製PCに内蔵されているHDDでも、リカバリー領域も含めてクローンディスクを作成することができます。

 ただし、富士通製PCの場合は要注意です。富士通製PCのリカバリー領域は、Todo Backupでクローンやバックアップを取ろうとすると、セクタバイセクタ方式に切り替えないと成功しない機種が多いようです。セクタバイセクタ方式でクローン作成自体は成功して、windowsも問題なく立ち上がりますが、富士通のリカバリー領域から立ち上げてCドライブのみリカバリーが出来なくなる機種が多いようです。どの機種がそうなのか特定はできませんが、そうなった場合、事前にリカバリーディスクを作成していないと購入時状態にリカバリーが出来なくなる可能性が高いです。必ずリカバリーディスクは事前に作成しておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“EaseUS Todo Backup パーティションサイズを変更してクローンディスク作成方法” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です