Simple Driver Updater 画面が勝手に立ち上がるソフトの削除方法

2018/05/24[公開] 2018/05/25[最終更新]

simpestar-software1

 いつの間にかPCを立ち上げるとSimple Driver Updaterの画面が勝手に立ち上がってスキャンを開始して、更新が必要なドライバーが十数件見つかりましたという結果を表示して、更新ボタンを押すと有料ソフトの購入画面になるという迷惑メンテナンスソフトを削除する方法のご紹介です。

 訪問サポートで見させていただくPCでこの画面が出たら、即アンインストールしています。さすがに怪しい購入画面で料金を払ってしまうことはなくても、根本的に削除できなくて毎度この画面をバツ(×)で閉じて不便だと感じながらも使っている方が多いです。

スポンサーリンク

SIMPLESTAR SOFTWAREの製品

 Simple Driver Updaterは、SimpleStar Softwareの製品群のひとつです。他にもレジストリークリーナーやマルウェアプロテクターなどのメンテナンスやセキュリティのソフトウェアがあります。

 どのソフトも基本動作は同じで、PCをスキャンして複数の問題が見つかりましたという結果を出すところまでは無料ですが、いざ問題を修復しようとするとそれは有料版にアップグレードしてくださいとなる仕組みです。

 これだけなら一般的なシェアウェアの仕組みなので問題ないですが、しつこいくらいに画面中央やタスクバー右下に画面が現れて操作の邪魔になるし、そもそもいつインストールしたかも定かではないし、多数発見される問題点がまったく信用ならない情報で危機感を煽るだけなのが、迷惑ソフトや押し付けソフトと言われる原因です。

simpestar-software2
PCを起動するたびにスキャンが始まる
simpestar-software4
タスクバー右下にしょっちゅう現れる
simpestar-software3
指示通り更新しようとすると有料版への案内

削除方法

 このソフトウェアの画面を出さないようにする方法ですが、プログラム本体を削除する方法しかありません。コントロールパネルからプログラムのアンインストールを行うことでSimple Driver Updaterは削除できます。

 プログラム自体は一般的なソフトウェアなので普通に削除できます。販売方法に問題があるだけです。プログラムのアンインストール方法もSimpleStar Softwareのサポートページに載っていましたが、一般的なコントロールパネルから削除する方法です。

(追記)SimpleStar Softwareのサポートページのリンクを出していましたが、やはり不適切と考え直してリンクを削除しました。

マルウェアスキャン

 Simple Driver Updater単体は簡単に削除できますが、それとは別に同グループの類似ソフトがすでに入っていたり、悪質なマルウェアや、よくわからないツールバーなどが入っているかもしれません。

 こういうソフトが入ってきたということは、すでに何かしら先に入り込んでいてブラウザーの広告を偏らせてダウンロードされやすくしている可能性も十分考えられます。

 Malwarebyte Freeなど信頼できるマルウェア駆除ソフトで一度スキャンしたほうが安心できるでしょう。ウイルスバスターやノートンではなかなか駆除してくれない迷惑ソフトも強力に駆除してくれます。

払い戻しとキャンセル

 もし間違えてソフトウェアを有料購入してしまった場合、購入後30日以内であれば申請すれば払い戻しをしてくれるようです。

 30日以上経ってしまった場合は購入金額はあきらめるしかないですが、定期購入(自動延長)がデフォルトで有効になっているはずなので、それだけはキャンセルして2次被害だけは防いでおいたほうが良いでしょう。

 払い戻し方法と定期購入キャンセルの方法もSimpleStar Softwareのサポートページに載っていました。

(追記)SimpleStar Softwareのサポートページのリンクを出していましたが、やはり不適切と考え直してリンクを削除しました。

 私は、30日以内の払い戻しは試したことがないので確実に払い戻されるかどうかは不明ですが、定期購入のキャンセルは以前おなじ系統のSYSTWEAKのときと同じ販売サポート会社のCleverBridgeのシステムなので、定期購入のキャンセルは可能であるのは確認済みです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です