HPノート 15-db0000シリーズ(15-db0206au)のSSD換装

2020/06/25[公開]

HP 15-db0000シリーズ

 HP 15-db0206auラップトップPCのSSD換装作業のご依頼をいただきました。

 CPUがAMD A4-9125でHDD搭載のエントリーモデルです。購入後から遅いのをなんとかしてほしいというご依頼で、SSDに換装作業となりました。実際に見に行くと、起動後かなりの時間が経ってもHDD使用量がいつまでも100%で張り付いたままでした。根気よく待ってHDD使用量が落ち着いたら本来の性能評価ができると思いますが、電源を入れる度にいつまでも待てません。

 今回はM.2 SSDが使えるはずと用意していたら、開けてびっくりM.2スロットが潰されていて肩透かしを食らったのが見どころです。

スポンサーリンク

分解手順

 まずは裏返して見えている4本のネジを外します。

裏から見える4本のネジを外す
裏から見える4本のネジを外す

 ネジが外れたことによってDVDドライブを引き出してはずせます。

DVDドライブを外す
DVDドライブを外す

 ゴム足の裏に隠れたネジがあるので、両面テープでついているゴム足を引っ張って外します。このとき両面テープも一緒にはがしたいので、細いヘラのようなもので端っこをこそぎ取る感じで両面テープも一緒に掴んでペリペリとはがすと上手くいきます。

 ゴム足は引っ張ると伸びますが、逆に中心に向けて押し込むと短くなります。元に戻すときは長さを調整しないとぴったり枠に収まりません。両面テープは1回くらいなら粘着性が十分残っているので貼り直せました。

ゴム足の下に隠しネジあり
ゴム足の下に隠しネジあり

 ゴム足2本の下に隠れていたネジ7本を外します。

隠しネジ7本を外す
隠しネジ7本を外す

 筐体をひっくり返して液晶画面を開きます。ここから裏のカバーを外していくのが難関です。

 最近の私のお気に入り”テレフォンカード”を使うと少しやりやすいです。最初のすき間をこじ開けていくのにテレフォンカードを先に突っ込むと、どこを開けていくかイメージしやすいです。カードに沿って滑らせるように開腹ツールを入れていくと、いい感じに力が分散して開けていきやすいです。開けるのは下側のカバーなので、押し下げるイメージで少しずつ開けていきます。

テレフォンカードが便利
テレフォンカードが便利
押し下げて開けていく
押し下げて開けていく

 裏のツメを2,3か所外してある程度すき間が開いてきたら、あとは手で開けていくことができました。

途中から手でこじ開けていく
途中から手でこじ開けていく

 裏のカバー全体を外すと、基盤が見えてHDDにもアクセスできるようになります。

裏のカバーを外した状態

裏のカバーを外した状態

M.2スロットは潰されていた

 開けてはじめて知った事実ですが、M.2とメモリーの増設用スロットは基板に付いていませんでした。15-db1000/0000シリーズのカスタマイズモデルにはM.2(PCIe)SSDやメモリー8×2で16GBの選択肢があるのに、この型番15-db0206auでは増設不可能でした。あくまでシリーズなので販売形態や型番でこういうことがあっても不思議ではありません。

m.2とメモリーの増設用スロットがなかった
m.2とメモリーの増設用スロットがなかった

 今回はたまたまM.2 NVMeと2.5インチSSDの両方を用意していたので、M.2増設がダメならHDD換装をすればいいじゃないということで作業続行できました。

 換装したSSDは500GBのこちらです。

バッテリーを外してから

 念のためバッテリーを外してから換装作業に取り掛かります。バッテリーを止めているネジ3本を外してバッテリーを取り外しました。

ネジを3本外して
ネジを3本外して
バッテリーを取り外します
バッテリーを取り外します

 HDDを止めているネジ2本を外して、金具を取り外すとHDDを持ち上げてSATAコネクターから外して取り出すことができました。

ネジを2本はずす
ネジを2本はずす
金具を外すとHDDが取り出せます
金具を外すとHDDが取り出せます

 搭載されていたHDDはWDブルーのWC10SPZXでした。HDDとSSDを入れ替えすべてを元に戻したら換装作業は完了です。

HDDをSSDに入れ替えます
HDDをSSDに入れ替えます
SSDを装着した状態
SSDを装着した状態

クローン作業

 HDDの中身を丸ごとSSDにクローニングしました。TodoBackupでHDDをUSB外付けにして、内蔵SSDにクローン、データ量は約60GBで約17分でした。

 TodoBackupのブータブルディスクでサイズ違いのSSDにクローンする方法は過去記事をご覧ください。

作業完了

 SSDに換装して最初の起動直後はディスク使用量100%がしばらく続きましたが、十数分後に落ちてきてようやくまともに動作し始めました。2回目以降の起動ではすぐに使用量が落ち着いてくれるようになりました。

 これでローエンドPCなりに普通に使えるPCとなりました。

CrystalDiskMark7.0.0のテスト結果
CrystalDiskMark7.0.0のテスト結果

スポンサーリンク

“HPノート 15-db0000シリーズ(15-db0206au)のSSD換装” への5件の返信

  1. 教えてください。バッテリーを外さないで換装作業に取り掛かっても問題はないでしょうか?よろしくお願いします。

    1. バッテリーを外すのは作業中に予期せぬ通電を防ぐためなので、バッテリーを外さないで換装作業に取り掛かってもたいていは問題は無いです。

        1. 注意すべきことは、衝撃を与えないことです。
          取り外しはバッテリーをつないでいるコネクターだけ先に外すのは固くて無理ですが、バッテリーごと外すとコネクターはスポッと抜けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です