東芝VistaでAR5007EG無線がローカルのみでインターネット不可

2015/12/09[公開]

 ちょっと古めのVista搭載PCの内蔵無線LANが、特定の無線ルーターでWPA/WPA2のパスワードを入れて接続しても、インターネットが利用できないトラブルです。無線LANのドライバーを該当バージョン以上にアップデートすると改善するトラブルです。以前記事にしたのは富士通PCでしたが、今回は東芝Dynabook CX/45FのVistaノートを、ソネットNURO光の無線内蔵ホームゲートウェイHG8045に接続しようとした時の内容です。メーカーHPからドライバー更新モジュールをダウンロードしてもダメという罠があるので要注意です。

トラブル概要

  • WPA/WPA2の暗号化キー(パスワード)を入れて、無線LANに接続できるがインターネットが利用できない。
  • ルーターからIPアドレスは割り振られているが、pingが通らない。
  • Vistaのネットワークアイコンが「ローカルとインターネット接続」にならずに「ローカル接続」にしかならない。

 これがドライバーが原因だとわかるまでに、セキュリティ対策ソフトを削除したり入れなおしたり、あれこれやっているとVistaですから、ひとつひとつ切り分けていくだけで、ものすごく時間がかかって根気が必要です。

別メーカーのAR5007EGドライバー

 メーカー違いですが、富士通のAtheros無線LANドライバーのアップデートプログラムです。今回のCX/45Fに内蔵されているAR5007EGのドライバーも更新できました。ドライババージョンは7.7.0.415になります。ドライバー更新後、PCを再起動させる必要ありです。再起動後から、正常にインターネットが利用できるようになりました。

 メーカー対象機種用のアップデートプログラムなので、対象機種以外利用しないでくださいと注意書きがありますので、厳密に言えばダメな使用方法です。それでも利用するしかない理由があるのです。

富士通FMVサポート | Atheros 無線 LAN ドライバ

http://www.fmworld.net/cgi-bin/driversearch/drvdownload.cgi?DRIVER_NUM=E1010558

東芝ドライバーアップデーター

 東芝Dynabookのサポートページで、更新モジュールがダウンロードできますが、今回のトラブルは解決されませんでした。ドライババージョンは7.7.0.343です。

東芝Dynabookサポート|Atheros社製 無線LANドライバーのアップデート

http://dynabook.com/assistpc/download/modify/dynabook/ax/ax5xh/wlan/index_j.htm

Atheros社から直接ダウンロード

 前にも書きましたが、Atheros社はQualcomm社に吸収されています。Qualcommホームページに行っても、コンシューマー向けドライバーダウンロードサービスはありません。OEM先のメーカーからサポートを受けてくださいという感じの事が英語サイトに出ています。

Qualcomm|Drivers

https://www.qualcomm.com/drivers

WEPに変更する

 無線ルーター側の暗号化方式を、WPA/WPA2からWEPに変更するという方法もあります。今回の無線でインターネットがつながらないトラブルは、WEPでは発生しないのです。しかし、WEPだと無線セキュリティーレベルは格段に落ちてしまいます。

最後に

 以上の理由で、東芝Vistaノートで無線接続してもローカル接続にしかならずにブラウジングが出来ない場合は、上記の富士通提供のAtherosドライバーの更新プログラムを入れると改善します。発売から8年経った機種ですから、メーカーサポートもとっくに切れた機種なので、こういった対応しかありません。

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です