windows10にアップグレードしたら無線LANにつながらないのを直せた例

2016/07/13[公開]

 windows7搭載PCだったNEC LL750/Hをwindows10にアップグレードしたら、無線LANにつながらなくなったのを直したトラブル事例のご紹介です。無線LANチップがインテル® Centrino® Advanced-N 6205搭載で、ドライバーのアップデートでつながるようになったという内容です。

トラブル内容

 windows7のときは問題なく無線LANでインターネットを利用していたのに、windows10にアップグレードしたら無線LANでインターネットができなくなったトラブルです。ワイヤレス接続はできている状態ですが、無線ルーターからのIPアドレスが割り振られなくなっているのが原因です。無線の暗号化キーは間違いなく設定できている前提です。

Intel Centrino Advanced-N 6205

 デバイスマネージャーで無線LANチップの種類を調べますと、インテル® Centrino® Advanced-N 6205搭載でした。Driverバージョンを調べると15.16.0.2 (日付2015/01/06)でした。

つながらないドライバーバージョン
つながらないドライバーバージョン

解決方法:有線でアップデート

 今回は簡単に解決することができました。一時的に有線LANケーブルでインターネットに接続して、デバイスマネージャーのネットワークアダプターの該当デバイスを右クリックで「ドライバーソフトウェアの更新」でWindowsアップデート経由で新しいバージョンアップが見つかり、バージョン15.18.0.1 (日付2015/04/30)になってワイヤレス接続でインターネット接続できるようになりました。

トラブルが解決したバージョン
トラブルが解決したバージョン

事前対策もあり

 今回のPCは2012年製のため、メーカーのwindows10アップグレード対象製品ではありません。windows7でもワイヤレスドライバーのメーカーアップデートは出ていないようです。

 ただし、インテルのサイトから、このワイヤレスドライバーのアップデートは入手可能です。ドライバーおよびソフトウェア

 上記のインテル® Centrino® Advanced-N 6205のwindows7用最新ドライバー18.40.4 (日付2016/06/06)では、windows10アップグレード対応となっているようです。理想を言えば、事前にこの最新ドライバーにアップデートしてから、windows10にアップグレードすると、問題なく無線LANが使える状態でアップグレードできると思われますが、それを事前にやるのは難しい話です。

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です