Windows 10 Anniversary Updateでスリープ解除時のパスワード保護を無しにする

2016/08/10[公開]

 いままで、スリープから復帰しても直接デスクトップが出るように設定していたPCでの話です。Windows 10 Anniversary Updateにアップグレードすると、サインイン画面が出てくるようになった場合に元のサインイン画面を出さないようにする設定変更方法です。デスクトップのコントロールパネルから項目が無くなったので、 設定アプリの方で設定します。

スポンサーリンク

サインインを求める→表示しない

 先に、スリープ解除時にサインイン画面を出さないでデスクトップに直行する設定方法をご案内します。 スタート→ 設定→ アカウント→ サインインオプションを開きます。

 サインインを求める-しばらく操作しなかった場合に、もう一度Windowsへのサインインを求めるまでの時間を選んでくださいのプルダウンメニューで、「PCがスリープから復帰したとき」を「表示しない」に変更するだけです。

サインインを求めるで、「表示しない」を選ぶ
サインインを求めるで、「表示しない」を選ぶ

電源オプションから項目が無くなった

 スリープから復帰したときに直接デスクトップに行く設定は、以前のwindowsからの設定方法である、デスクトップのコントロールパネル→電源オプションで、「スリープ解除時のパスワード保護」の項目で「パスワードを必要としない」にチェックを入れる方法が一般的でした。

 実は、windows10では以前からこの 設定アプリでの設定項目もあったのですが、コントロールパネルで設定する方も使えていたので、あまり使われなかったようです。

自動サインインとセットで設定

 このスリープ解除時にサインインとパスワード画面を出さない設定は、「netplwiz」か「control userpasswords2」でPC起動時に自動ログインする方法とセットで設定するケースが多かったでしょう。

 この2つの設定をすることで、マイクロソフトアカウントでサインインしつつも、ユーザーの方に毎回パスワード入力をさせなくても利用してもらうことが可能でした。どちらかと言うと、PC操作がおぼつかない方向けに、セキュリティ面無視で設定することが多いと思います。

 マイクロソフト的にも自動サインインはあまり使って欲しくないのでしょう。PINコードを設定すれば数字だけの簡単サインインが使えます。Windows Helloを使って、指紋認証や顔認証などを推奨していきたい現れが、コントロールパネルからの項目削除なのかもしれません。

サインインできないトラブルが増えるかも

 今後Anniversary Update(バージョン1607、OSビルド14393へアップグレードが進むにつれ、突然サインイン画面が出るようになりパスワードが何かわからないというトラブルや問い合わせが増えると予想されます。とりあえず再起動してサインインできるのなら、これが原因と推測できて対応できます。ただし、スリープのときだけサインインできないと切り分けできる人は、最初から困ることはないので難しいでしょう。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“Windows 10 Anniversary Updateでスリープ解除時のパスワード保護を無しにする” への1件の返信

  1. スリープ復帰時のパスワード要求を無効化したいのですが
    電源オプションの「スリープ解除時のパスワードの要求 の表示が消されていて
    その項目に入れない状態です

    電源オプションの「スリープ解除時のパスワードの要求 の表示がでるようにする
    コマンドとかあるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です