Windows 10 Anniversary UpdateのISOファイルでクリーンインストール

2016/08/05[公開]

 windows10の大型アップデートである、Windows 10 Anniversary Updateが公開されて数日経ったので、マイクロソフトからISOファイルをダウンロードして、windows10無償アップグレード済みのPCにクリーンインストールしてみました。当然ですが、何の問題もなくクリーンインストールできましたという内容です。

スポンサーリンク

Windows 10 Anniversary Update

 一般のwindows10ユーザー向けとしては、2015年11月以来となる大型アップデートです。バージョンは1607、OSビルドは14393なのが通称Anniversary Updateと呼ばれます。

 2016年8月2日から公開されていますが、Windowsアップデートではデバイス構成により問題なさそうなPCから順次配信されるそうなので、すぐに試したい場合はISOファイル(メディア作成ツール)をダウンロードして、USBメモリーかDVDのインストールメディアを作成してから、アップグレードかクリーンインストールをすることができます。ダウンロードサイトはコチラ。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

クリーンインストールしてみた

 今回は、windows10アップグレード済みの富士通FMVA77GB(windows7プリインストール)を、テスト用に新規HDDに換装してから、USBメモリに作成した64bitメディアから起動してクリーンインストールしました。

日本語環境になっているのを確認して「次へ」
日本語環境になっているのを確認して「次へ」
「今すぐインストール」をクリック
「今すぐインストール」をクリック
プロダクトキーは空欄のまま、「プロダクトキーがありません」をクリック
プロダクトキーは空欄のまま、「プロダクトキーがありません」をクリック
HomeかProのエディションを選んで「次へ」
デジタルライセンス付与済みの方の、HomeかProのエディションを選んで「次へ」
「同意する」にチェックを入れて「次へ」
ライセンス条項に「同意する」にチェックを入れて「次へ」
「新規インストール」をクリック
「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」をクリック
win10ua-7
今回は新規HDDなので、そのまま「次へ」
インストールが始まります。しばらく待ちます。
インストールが始まります。しばらく待ちます。

インストール完了

 自動で何度か再起動を繰り返し、windows10の初回セットアップが済んだらインストール完了です。インターネットに接続していれば、自動でライセンス認証が済んでいるはずです。

 デスクトップまで立ち上がったら、ドライバーの自動インストールや、初回のwindowsアップデートが済むまでは、放置しておいたほうが良いでしょう。

インターネット接続していれば、ライセンス認証されている
インターネット接続していれば、ライセンス認証されている
インストールが完了
インストールが完了

クリーンインストールの利点

 以上で、windows10にアップグレード履歴があるPCならば、最新ビルドのwindows10のISOファイルでクリーンインストールすることが出来るのが確認できました。

 データやアプリケーションは全部入れ直ししないといけませんが、クリーンインストールが一番windows10が快適に動きます。HDDをSSDに変更したり、32bitから64bitに変更したいときなど、クリーンインストールがお勧めです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“Windows 10 Anniversary UpdateのISOファイルでクリーンインストール” への3件の返信

  1. こんにちは

    いつも参考になる記事、情報有難うございます。

    Windows 10 のダウンロード
    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
    このページからダウンロード出来る「メディア作成ツール」で作成したISOファイルと、
    Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
    https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO/
    のページからダウンロードしたISOファイルが僅かながら異なっています。
    よりピュアなISOイメージが欲しいとき、少しばかり手順を省きたいときは、後者利用の
    ダウンロードがよいみたいです。
    まぁ、近年はUSBメモリからのインストールが流行りみたいなので、8GBのUSBメモリが
    あれば32bitと64bit両用のが出来る訳で、「メディア作成ツール」が真価を発揮する
    場面ではないでしょうか。

    現在、実質まだ無償アップグレードが可能ですが、これが不可能になったら、
    障碍者向け Windows 10 無償アップグレード
    https://www.microsoft.com/ja-jp/accessibility/windows10upgrade
    という手がありますが、ちょっとばかりグレーゾーンなのでなんとも…。

    使いにくくてながらく放置していた Windows 8 (のちに8.1にアップ) マシンを、
    無償アップグレード期間終了1週間前に新たに HDD を購入してまでクリーン
    インストールしたのが、一ヶ月も経たないのになぜか懐かしいです。

    ISOファイルののダウンロードページのURLの末尾の「/(スラッシュ)」を取ると、
    「メディア作成ツール」の方のページに飛ばされるのもなんかマイクロソフト
    らしいかなと。

    あっ、うだうだと脱線すみません。

    1. Trekkerさん、いつもコメントありがとうございます。
      たしかに、ページの内容が違いますね。
      windowsでは違いますが、windows以外のOSではどちらも後者のISOファイルのページになりますね。
      メディア作成ツールはwindowsでしかダウンロードできないようですね。

  2. はじめまして。
    「windows10をアップデート」で検索し、偶然に、このページを読みました。
    USBを使用して、クリーンインストールを実行してみました。
    購入時に入ってた不用で変なソフトも全てクリヤーされて、
    私のノートパソコンは、ものすごーーく快適に作動してます。
    とても参考になりました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です