インターネット ショートカット アイコンがエラーで開けなくなったのを直す

2018/02/13[公開]

url-dont-open1

 Internet Explorerのお気に入りや、デスクトップに出したサイトURLのアイコン(インターネット ショートカット)からブラウザーを開こうとすると、ショートカットエラーが出てインターネットが見れないというトラブルを直す方法です。

このインターネット ショートカットを開けません。プロトコル”http”には登録されたプログラムがありません。

 こんなエラー内容です。今回はWindows7でChromeブラウザーをアンインストールしたら出るようになったエラーです。いったんInternet Explorerをプログラムの関連付けで、すべて既定に設定すると直ります。

スポンサーリンク

プログラムの関連付けをIEにリセット

 コントロールパネル を開いて、プログラム既定のプログラム既定のプログラムの設定 を開きます。

 プログラム一覧から Internet Explorerを選び、すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する をクリックして選択します。

 これで、インターネットショートカットを開いてIEでブラウジングができるようになったか確認したら、トラブル解決です。

internet-shortcut2
Internet Explorerを既定のプログラムに設定し直す

 ちなみに、上記設定画面で 設定でこのプログラムで開く項目を選択する の方を選び個別に関連付けを変更する場合は、下図のようになっているか確認します。

internet-shortcut3
個別に関連付けを設定する場合

Windows10の場合

 Windows10 でこのエラーが出るか未確認ですが、もしFall Creators Updateで同じエラーが出た場合は、 スタート 設定アプリ既定のアプリ を開いて、WEBブラウザーをInternet Explorerに選び直してみます。(一旦べつのブラウザーにしてIEに戻す)

 それでも改善しない場合、同じ画面からファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ と、プロトコルごとに規定のアプリを選ぶ を開き、上記windows7での個別の関連付けを参考に既定のアプリを選択し直します。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“インターネット ショートカット アイコンがエラーで開けなくなったのを直す” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)