UEFIなメーカーPCでクリーンインストール時HomeかPro強制選択の原因

2016/01/13[公開] 2016/05/05[最終更新]

 windows10にアップグレードした大手メーカー製PCが、どうにも調子が悪かったり、モッサリ動作に辟易して、マイクロソフトのISOファイルをダウンロードして、HDDをフォーマットしてからwindows10をクリーンインストールする場合の注意点です。windows8が発売開始された2012年以降のUEFIファームのメーカー製パソコンが対象です。windowsのプロダクトキーが電子的に内蔵されているので、HomeかProかのエディション選択で混乱するかもしれないという内容です。

スポンサーリンク

インストール時にHomeかProのエディションが選べない

 クリーンインストールする時に、ISOファイルに内包しているHomeかProのエディション選択画面が出てきません。メーカー製PCでは、UEFIファームにwindows8のDPK(デジタルプロダクトキー)が記録されているモデルが多いからです。このDPKのプロダクトキーがwin8 HomeかProかによって、windows10もHomeかProか決まるのです。

Build10586のISOファイル

 2015年11月中旬以降から、マイクロソフトからダウンロードできるwindows10のISOファイルがBuild10586になっていますが、このビルドからHomeとProの両エディションが同じISOファイルに同梱されるようになりました。

 BiosタイプのPCでは、クリーンインストール時にHomeかProのどちらエディションにするか選択画面が出るのです。(アップグレード時には出ない。)

ダウンロードはマイクロソフトのサイトからできます。Windows 10

メーカー製PCのデジタルプロダクトキー

 windows8以降の大手メーカー製PCのほとんどが、UEFIファームにwindowsのプロダクトキーが内蔵されています。windows7以前のパソコンでよく見た、本体側面にwindowsプロダクトキーが記載されたホログラムタイプのシールが、windows8では貼ってなくなった理由です。

 このDPKが内蔵されていると、クリーンインストール時にDPKのエディションから自動でHomeかProか決定済みとなってインストールが進んでしまいます。

windows7以前ではPC本体にプロダクトキーが張り付けてあった
windows7以前では、PC本体にプロダクトキーが張り付けてあった

インストールしたらProがHomeになる怪現象

 このDPKがwindows8 Homeエディションであるメーカー製PCを、システムドライブにwindows8.1 proを入れ直して使用していた場合、windows10のクリーンインストールをかけたら、windows10のHomeエディションでインストールされます。ProがHomeになる怪現象が起こる可能性があるわけです。

 クリーンインストールではなく、アップグレードインストールの場合はDVDやUSBメモリーから起動してのアップグレードは出来ないようになっています。

HomeをProにしたい場合は

 では、windows10 Homeになった場合に、Proエディションに変更したい場合の手順です。まずは、windows10 Homeを立ち上げて、 スタート 設定 更新とセキュリティライセンス認証 の画面に、「プロダクトキーを変更する」ボタンがあるので、ここでProエディションのライセンスキーを入れると変更できるようです。その下にあるストアへ行っても購入できます。

 ただし、windows7や8.1のProエディションのプロダクトキーは受け付けてくれません。

エディション確認必須です

 人のパソコンでwindows10をクリーンインストールする場合には、インストール前のwindowsのエディション確認と、インストール後のエディション確認はしておいた方が良いでしょう。レアケースだとは思いますが、実は購入時HomeだったのをProにアップグレードしていたのに、またHomeに戻っていると、後からクレームになる可能性がほんの少しだけあるのですという内容でした

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“UEFIなメーカーPCでクリーンインストール時HomeかPro強制選択の原因” への7件の返信

  1. 初めまして、windows10で参考になる記事を探していましたら、こちらのサイトを見つけました。個人としては2010年製のHP Pavilion Elite HPE を10586.63までアップグレード出来、現在問題なく作動していますが、知り合いが不注意でアップグレードに失敗した2011年製NEC LS200/F(windows7)を直そうとして悪戦苦闘しています。状況は自動修復から一寸進むが7にも10にもなりません。リカバリーディスクなどは作成していないとの事です。そこでまず私のPCからwindows7のISOを入手しようとしましたが、プロダクトキーではねられました。次にUSBメモリーでwindows10をインストールしようとしましたが、HDDしか選択出来ず失敗。最終的には10のISOをDVDからクリーンインストールを考えていますが、上手く行く可能性はあるでしょうか。また、私個人としてSURFACE PRO2をビルド14251にしたものがありますが、これとLS200/Fを繋いでデータのサルベージは可能でしょうか。最終的にはメーカー修理に出せば解決するかと思いますが、費用として中古の相当品(windows7)が入手可能な額(データ復旧も含めると新品が入手可能?)になるかと思いますので、ダメモトでトライしようか思案中です。宜しくお願いいたします。

    1. 井野さま
      >データのサルベージは可能でしょうか
      LS200/Fの内臓HDDを取り出して、USB変換コネクターをつないでデータサルベージは可能です。もしくは、LinuxなどCD/DVDから起動してデータ救出という方法もあります。

      >USBメモリーでwindows10をインストールしようとしましたが、HDDしか選択出来ず失敗
      メーカー製PCの場合、USBブートが出来ない機種が多いです。

      >10のISOをDVDからクリーンインストールを考えていますが、上手く行く可能性はあるでしょうか
      LS200Fは未確認ですが、DVDからクリーンインストールは可能と思われます。

      >私のPCからwindows7のISOを入手しようとしましたが、プロダクトキーではねられました。
      メーカー製OEMの7プロダクトキーでは、MS提供のwindows7のISOは使えません。

      手順的には、この順番だと思います。
      1.個人データのサルベージをする
      2.DVDからwindows10のクリーンインストールをしてみる
      3.それでもダメなら、NECのリカバリーディスクを購入できるのでwindows7の購入時状態にもどす。
      https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=008030

  2. まさにタイムリーな情報でした。
    起動が速くなるので、
    わたしもMBRディスクなWindows10 ProからGPTディスクにするためにクリーンインストールしたら発生しました。
    は無料アップグレード版です。
    うまくいきました。

    これってマイクロソフトのミスですね。
    Windows10 Home と Proを同じパソコンで無料アップグレードしたパソコンは存在するわけで。

    このキーは公開しても構わないでしょう。
    マイクロソフト以外のツールを使わないと見えないキーですし。
    マイクロソフトにProのライセンス登録がないパソコンでは処理できないはずですし。
    無料アップグレードした、どのパソコンも基本的に同じキーですし。
    VK7JG-NPHTM-C97JM-9MPGT-3V66T

    GPTディスクから起動だと、起動が速くなって遅いHDDでも使えるかもと思いました。

    1. 九州男さん、コメントありがとうございます。
      MBRからGPTにするには、HDD全消去が必要なのでUEFIに内蔵されたDPKを読みにいきHomeエディション強制ですね。
      別PCでGPTでクリーンインストールしたHDDを入れ替えるという方法で10proでいけるかもしれません。

  3. DVDの中身をUSBやHDDにコピーしておいて、imagex /delete “install.wim” を使って、入れたくない方(Proいれるなら無印)をインストールソースから削除した状態でインストールすれば問題なくいけます。

    要するにエディションごとに分かれていた時と同じ状態に戻しただけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です