Thunderbirdの古いバージョンにしたらプロファイルが開かないのを回避する方法

2020/04/17[公開]

古いバージョンで

 Mozilla Thunderbirdのベータ版(バージョン76.0b1)から通常安定版(バージョン68.7.0)に戻すと、下記メッセージが出てきて既存のプロファイルを開くことができずメール環境を引き継ぐことができなくて困ったのを回避した方法のご紹介です。

Thunderbirdの古いバージョンを使用しています。

Thunderbirdの新しいバージョンには、この古いバージョンのプロファイルと互換性の無い変更が含まれている可能性があります。このプロファイルを新しいバージョンでのみ使用するか、このThunderbirdのバージョン用に新しいプロファイルを作成してください。新しいプロファイルを作成する場合、アカウントやカレンダー、アドオンを再セットアップする必要があります。

スポンサーリンク

バージョン68以降で発生

 メッセージの詳細情報ページを見ると理由が書いてあります。バージョン68以降から、より古いバージョンのThunderbirdで既存のプロファイルを開けないようにしたとのことです。

 ベータ版と通常版など複数のバージョンをインストールして利用できるThunderbirdで、より安定して複数バージョンを運用できるようにするためのようです。

回避方法

 バージョン68より前のバージョンならこの制約がなかったので、さらに古いバージョンをインストールして既存のプロファイルで立ち上がるのを確認したのち、自動アップデートでバージョン68の現行版までアップデートすればバージョンダウンでも環境やメールデータそのまま引き継ぎできました。

 古いバージョンのThunderbirdはコチラのページからダウンロードできます。

注意点

 古いバージョンのダウンロードページには、ベータ版と通常版が混在してリストされています。ベータ版から通常版に戻したい場合は、ダウンロードする古いバージョンも「**.0b1」とbの付かない数字だけのバージョンをダウンロードします。そうしないとインストール後に自動アップデートでまた現行最新バージョンまで上がってしまいます。

■ バージョン **.0b1 ⇒自動アップデートで76.0b1になる

■ バージョンが 数字だけ ⇒自動アップデートで68.7.0になる

 つまりは、バージョン68のひとつ前の通常版は60.9.1となり、32bit版の日本語インストーラーはコチラのリンクになります。

http://ftp.mozilla.org/pub/thunderbird/releases/60.9.1/win32/ja/

  1. ベータ版バージョン76.0b1をアンインストール
  2. 通常版バージョン60.9.1をインストール
  3. ベータ版で使用していたプロファイルで立ち上がるのを確認
  4. 自動アップデートでバージョン68.7.0にアップデートが始まる
  5. プロファイルを引き継いで立ち上がるのを確認

 この手順で目的のプロファイルを引き継いでバージョンダウンができました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です