新しいMicrosoft Edgeのブックマーク・保存パスワードをオフラインで丸ごと移行する方法

2020/10/12[公開]

 Windowsの新しいChromiumベースのブラウザーで、パソコン買い替えやリカバリー時にマイクロソフトアカウントのクラウド同期を使わずにブックマーク・保存パスワード・設定を丸ごと移行する方法のご紹介です。

 マイクロソフトアカウントで同期していれば何もしなくても移行されるので簡単ですが、ローカルアカウントでクラウドが使えない縛りがある場合に役立ちます。

スポンサーリンク

マイクロソフトアカウントで同期していないか確認

 まず大前提として、マイクロソフトアカウントで同期が有効になっていないことを確認しておきます。もし同期が有効になっているなら、これから行う作業はまったく不要になります。

Edgeブラウザーを開いて右上「…」⇒設定⇒プロファイル を開きます。

または、アドレスバーに以下を入力するとプロファイルページが開きます。

edge://settings/profiles/

同期していない場合は、サインインしてくださいの表示になっています。

サインインしていない場合は未同期
サインインしていない場合は未同期

 同期している場合はマイクロソフトアカウントでサインインしており、「同期が有効になっています」と出ています。さらに同期>を開いてすべての項目の同期がオンになっていれば、以下で説明するデータ移行を行う必要はなく、新しいPCでマイクロソフトアカウントでサインインするだけで移行完了です。

サインインしており同期が有効になっています。
サインインしており同期が有効になっています。
すべての項目が同期されている
すべての項目が同期されている

プロファイルのバックアップ

新しいEdgeブラウザーのプロファイルデータのバックアップを取ります。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data\ を開き、Default フォルダーの中身すべてをコピーします。(\ユーザー名\のところは自分のユーザー名です。)Windowsのエクスプローラーでフォルダーを辿っていく場合は、AppData フォルダーは隠しフォルダーになっているため、フォルダーの表示オプションで隠しフォルダーを表示する設定にする必要があります。

 エクスプローラーのアドレス欄か、「ファイル名を指定して実行」に下記を貼り付けると、簡単にDefaultフォルダー内を開くことができます。

%userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data\Default

(補足)Edgeのプロファイルが複数ある場合、一つ目のプロファイルは Default フォルダーですが、2つ目は Profile1、3つ目はProfile2 フォルダーがプロファイルフォルダーになります。

保存されたユーザー名とパスワードをバックアップ

 上でバックアップを取ったプロファイルフォルダーですが、初期化後PCや別PCに移行する場合は保存されたパスワード情報だけは移行されません。同一PCの別プロファイルに移行する場合はパスワード情報も移行できます。

保存されたユーザー名とパスワード情報だけは、別途エクスポートしておきます。

Edgeブラウザーを開いて右上「…」⇒設定⇒プロファイル⇒パスワード を開きます。

または、アドレスバーに以下を入力するとパスワードページが開きます。

edge://settings/passwords/

 ちょっと場所が分かりにくいですが、保存されたパスワードの文字の右横にある「…」をクリックします。その下に並んでいる各パスワードの「…」ではありません。

保存されたパスワードの右横にある「…」
保存されたパスワードの右横にある「…」

 出てきた「パスワードのエクスポート」をクリックすると、CSVファイルでエクスポートできます。エクスポートする前にアカウントのパスワードまたはPINコードの入力が必要です。

パスワードのエクスポートができます
パスワードのエクスポートができます

 保存された「Microsoft Edge のパスワード.csv」ファイルと、先ほどのプロファイルデータの2つで事前バックアップの作業は完了です。

新規PCに移行(復元)方法

 移行先PCで作業をします。Edgeブラウザーは新しいバージョンにバージョンアップしておきます。新しいEdgeはマイクロソフトのこちらからダウンロードできます。

プロファイルデータの復元

 エクスプローラーのアドレス欄か、「ファイル名を指定して実行」に下記を貼り付けて開いたDefaultフォルダーの中身をバックアップしたデータと丸ごと入れ替えます。

%userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data\Default

 これでパスワード以外のデータは復元されます。

Chromeブラウザー経由でパスワードを移行

 先ほどエクスポートした「Microsoft Edge のパスワード.csv」ファイルを直接Edgeブラウザーでインポートする方法がわからなかったので、一旦Chromeブラウザーでインポートしてから、Edgeブラウザーにインポートします。

 Chromeブラウザーをインストールしていない場合は、こちらからダウンロードが可能です。

 すでにChromeブラウザーを利用している場合は、作業用の新しいプロファイルを追加しておきます。

(注意)既存のChromeのデータを上書きしないために作業用のプロファイルが必要です。

Chromeブラウザーでパスワードをインポート

Chromeブラウザーを開いて、アドレスバーに以下を入力します。

chrome://flags/#PasswordImport

Password Importの項目を「Default」から「Enabled」に変更します。

Password Imprt をEnableに変更
Password Imprt をEnableに変更

つづいて、アドレスバーに以下を入力します。

chrome://settings/passwords

パスワードのページが開くので、保存したパスワードの右側にある「」をクリックして「インポート」の文字を選択します。

ここをクリックすると「インポート」が選べます
ここをクリックすると「インポート」が選べます

 インポートするファイルを開く画面が出るのでEdgeブラウザーでバックアップした「Microsoft Edge のパスワード.csv」ファイルを選択すると、ChromeブラウザーにEdgeブラウザーのユーザー名とパスワードのリストがインポートされます。

Edgeブラウザーでインポート

 Edgeブラウザーに戻り、アドレスバーに以下を入力してブラウザーデータのインポート画面を出します。

edge://settings/importData
「ブラウザーデータのインポート」画面が出ます。
「ブラウザーデータのインポート」画面が出ます。

インポート元のプルダウンメニューから「Google Chrome」を選択します。

インポート元をGoogle Chromeにする
インポート元をGoogle Chromeにする

 プロファイルのプルダウンメニューからChromeで作業用に作ったプロファイルを選び、「保存されたパスワード」の項目だけにチェックを入れてインポートを実行します。

プロファイルを選び、保存されたパスワードだけインポート
プロファイルを選び、保存されたパスワードだけインポート

移行作業完了

 以上で、クライドでの同期を使わずに新しいEdgeブラウザーの設定やデータを丸ごと移行することができました。

 どう考えてもマイクロソフトアカウントで同期したほうが簡単なので、できればマイクロソフトアカウントを使った方がいいですね。

スポンサーリンク

“新しいMicrosoft Edgeのブックマーク・保存パスワードをオフラインで丸ごと移行する方法” への2件の返信

  1. こんにちは。

    ———-
    プロファイルのバックアップ
    新しいEdgeブラウザーのプロファイルデータのバックアップを取ります。

    C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Chrome\User Data\ を開き
    ———-

    の部分の「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Chrome\User Data\ 」は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Edge\User Data\ 」の間違いだと思われますので修正されて下さい。

    すぐ下にある貼り付け用コピーデータは[\Edge\」になってますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です