ゾンビのように復活するMicrosoft Teamsをアンインストールする方法

2019/08/12[公開]

ms-teams

 Microsoft Office 365のOfficeアプリをインストールすると、Microsoft Teamsアプリも一緒にインストールされます。

 無料で始められるビジネス向けグループ・チャット・ソフトウェアなので、お仕事で活用するならいいのですが、まったく不要な場合でもTeamsのサインイン画面が毎回画面に出るようになるので削除をしたい場合、Teams関連の2種類のアプリを削除する必要があります。

 普通にMicrosoft Teamsアプリだけを削除しただけでは、PC再起動後に再びアプリが復活して「Teamsにサインインしましょう」画面が消えないので困惑します。

スポンサーリンク

2つアンインストールが必要

 コントロールパネルのプログラムと機能か、設定アプリのアプリと機能のどちらかを開き、以下の2つのアプリをアンインストールします。

  • Microsoft Teams
  • Teams Machine-Wide Installer

設定アプリ

スタートメニュー ⇒ 設定 ⇒ アプリ ⇒ アプリと機能 の一覧から2つ削除します。

設定アプリで2個アンインストール
設定アプリで2個アンインストール

コントロールパネル

従来のコントロールパネル ⇒ プログラムと機能 のプログラム一覧から2つ削除しても同じです。

2個アンインストール
コントロールパネルで2個アンインストール

再起動で確認

 アンインストールが終わったら、PCを再起動して再びMicrosoft Teamsが立ち上がってこないことを確認できたら削除完了です。

参考サイト

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です