Mcafeeの自動延長をオンラインで止める方法

2016/11/27[公開]

 セキュリティソフトのMcafeeの自動延長契約を、マカフィー・マイアカウントにログインして無効にする方法です。新しいセキュリティソフトに乗り換えた場合、自動延長の設定を停止しておかないと、使っていないのに一年分の料金がカードから引き落とされることになるかもしれません。一度でもクレジットカードで更新延長していたら、まず自動延長契約が有効になっています。

マイアカウントにログインする

 自動延長を停止するには、自動延長の契約を無効にします。マカフィーのマイアカウントにログインすれば、オンラインで停止操作ができるので、つながりにくい電話にイライラすることもありません。

https://home.mcafee.com/Secure/Protected/Login.aspx

マイアカウントにログインします。
マイアカウントにログインします。

自動更新契約を無効にする

 マイアカウントにログインできたら、「有効」になっている自動延長を「無効」に変更するだけですが、その自動延長の項目を出すのがほんのチョットわかりづらくなっています。

自動延長の項目は隠れている
自動延長の項目は隠れている
「契約の自動更新」をクリック
「契約の自動更新」をクリック
「有効」になっていたら、「無効にする」をクリック
「有効」になっていたら、「無効にする」をクリック
確認画面が出るので「契約の自動更新を無効にする」をクリック
確認画面が出るので「契約の自動更新を無効にする」をクリック
無効になったら「戻る」で変更完了です。
無効になったら「戻る」で変更完了です。

60日間返金可

 マカフィーのセキュリティを利用しているのなら、自動延長契約を有効にしておいたほうがうっかり期限切れになってしまう心配がないのでお勧めです。しかし、現行のWindows10ならば、標準機能のDefenderでウイルス対策は十分というライトユーザーの方も増えています。利用していないのに自動延長で料金が引き落とされたと、あとから気付いた場合、マカフィーは60日間返金対応してくれます。返金にはサポートセンターに電話が必要です。詳しくは、公式サイトをご覧ください。面倒な手続きは一切不要!契約の自動更新サービスのご案内 – マカフィー

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です