デスクトップやスタートメニューのショートカットアイコンの関連付けがおかしくなったのを直す

2014/10/25[公開] 2015/04/01[最終更新]

 デスクトップやスタートメニューのアイコンが全部Wordなどに関連付けられて、PCの操作ができなくなったというトラブルで訪問しました。

 このトラブルの原因は、メールの添付ファイルをショートカットアイコンで送ってしまう初心者の方がやりがちな間違いを、受け取った人も一生懸命開こうとしてショートカットにプログラムを関連付けをしてしまうパターンが多いでしょうか?

トラブル内容

 今回のお客様は、訪問してみると、

lnk1

 全部のショートカットアイコンがOfficeのPicture Managerに関連付けされています。これでは何も操作できないですね。

 本来は、ショートカットアイコン(拡張子.lnk)はプログラムの関連付けは「不明なアプリケーション」が正しいのですが

lnk3

 コントロールパネルのプログラムの関連付けからは「不明なアプリケーション」には戻せません。レジストリから関連付けた項目を削除する必要があります。

対応内容

 今回はwindows7のパソコンです。

  1. スタートメニューから「プログラムとファイルの検索」でregeditと入れてレジストリエディタを起動します。
  2. HKEY_CURRENT_USER/Software/Microsoft/Windows/CurrentVersion/Explorer/FileExts/.lnk/UserCoiceキーを右クリックして削除します。
  3. Windowsを再起動するか、ログオフしてログオンしなおす。

lnk2

 これで直りました。

作業完了

 結構よくあるトラブルですが、レジストリ操作が必要なのでほんの少し敷居が高いトラブルシューティングですね。

 以上で作業完了となりました。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です