フリーソフトLEAWO Blue-ray Playerをwindows10で試す

2016/01/23[公開]

 フリーソフトのブルーレイ再生プレイヤーは、いままで無かったと思っていたのですが、ブログのコメントで教えてもらったLEAWO Blue-ray Playerです。インストールしたバージョンは1.9.1.4です。公式の動作環境は、windows8.1までですが、windows10でも使えるとなればwindows10にアップグレードしていままで利用していたプレイヤーが使えなくなった場合の代替ソフトとして活躍してくれそうです。

スポンサーリンク

公式サイト

 ダウンロードと詳細情報は下記公式サイトから入手します。

BD・DVD再生フリーソフト – Leawo 無料メディアプレーヤー

動作環境

  • 対応OS: Microsoft® Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1
  • プロセッサー: 1 GHzとそれ以上の Intel/AMDを推薦
  • RAM: 512MB RAM (1024MBとそれ以上を推薦)
  • グラフィックカード: ATI Radeon HD 4000, Intel G45, NVIDIA GeForce 8-Seriesとそれ以上のバージョンを推薦
  • その他: DirectX version 9.0c, Blu-rayドライブ,ネットワーク必須

インストール

 公式サイトからダウンロードしてインストールします。 Agree License Agreementにチェックを入れて、Installをクリックしたら、しばらく待って完了です。

Agree License Agreementにチェックを入れて、Installをクリック
Agree License Agreementにチェックを入れて、Installをクリック
free-blue-ray2
インストールが完了します。

動作確認

 市販のBlue-rayの映画、ブルーレイレコーダーで地デジ録画したBDAV形式のBD-R、同じく録画したVR形式のDVD-Rでテストしてみました。

市販のBlue-rayの映画

 windows10では自動再生には対応していないようです。ブルーレイディスクをセットしたら、LEAWO Blue-ray Playerを起動して、セットしたディスクのサムネイルをクリックして再生させます。

 ディスクのメニュー画面は、マウスで直接操作できないので、キーボードの上下左右キーで選ぶか、画面上のバーチャルリモートコントローラーをマウスで操作して再生スタートです。

セットしたDISKのサムネイルが表示されているのでクリック
セットしたDISKのサムネイルが表示されているのでクリック
メニュー画面は、キーボードの↑↓→←キーか、バーチャルリモートコントローラーで操作します。
メニュー画面は、キーボードの↑↓→←キーか、バーチャルリモートコントローラーで操作します。

BDAV

 日本のテレビ事情ならではの、ブルーレイレコーダーで地デジ番組などを録画して、Blue-rayディスクにダビングしたBDAV形式のディスクです。

 これは、ディスクをセットしても画面上には出てこないので、「ファイルを開く」からディスクのフォルダ階層を開いていき、拡張子.m2tsファイルを直接指定して再生できます。これはこのソフトに限らず、各社プレイヤー共通の再生方法です。

 しかし、このm2tsファイルを満足に再生するには、かなりマシンスペックが必要です。非力なPCでは再生が止まったり、まともに見れないようです。

×DVD-VR

 これもDVDレコーダーで録画した地デジ番組をDVD-RにダビングしたVRモードのディスクです。これは全く再生できませんでした。対応しているのは市販有料ソフトの、WinDVDやPowerDVDのさらに上位エディションのみとなります。

ISOファイル

 blue-rayディスクイメージのISOファイルを直接再生することができます。これを使う人にとっては、かなりの目玉機能でしょう。

市販DVD

 市販のDVDディスクの映画なども再生できます。気に入れば、メディアプレイヤーはこれ一本で済ませることが出来るかもしれません。

ブルーレイ再生の無料ソフト

 フリーソフトのブルーレイ再生ソフトは貴重な存在です。とくに今はwindows10にアップグレードして、購入時付属していたブルーレイ再生プレイヤーが使えなくなって困っていたり、そうなったら嫌なので、アップグレードを控えていた人もいるでしょう。このソフトの存在でブルーレイ再生問題はほぼ解決ではないでしょうか。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“フリーソフトLEAWO Blue-ray Playerをwindows10で試す” への14件の返信

  1. お疲れ様です。
    小生の求めるのは趣味であるBD(WOWOW等をDR録画)・DVD(主にAVC録画)のライブラリ作成です。
    これまではググって素材を集め、最低限の手直しでメディア・ジャケットへプリントしておりましたが、オリジナリティを高めたく動画よりスナップショット・スクリーンショット等を使えるソフトを物色中・・・
    過日「POWER DVD LIVE」を購入し試みましたが、BDのスナップショット(Snipping soft)は撮れず観るだけでした。
    小生が望みは潰えたのでしょうか?
    助言を頂けるとありがたいです。

  2. モリガミさま、コメントありがとうございます。
    視聴ソフト側でスナップショット機能が無い場合、windows標準ソフトのsnipping Toolを使うのではダメでしょうか?
    ディスクのラベル印刷に使うのであれば、それで十分だと思いますが。

  3. 今日バージョンアップ(ver.1.9.3.0にバージョンアップ)がありBDAVに正式対応となりました。GPU対応のフリーのメディアプレーヤーでは初めての事ではないでしょうか。私もWindows10ですがちゃんと動いてます。フリーの軽量プレーヤーでしかもBDAV正式対応とはすごいの一言です。

  4. 続きですが、番組を録画したものをダビングしたBD-Rの再生がBDAV対応されたばかりという事で外付けBDドライブの再生がCorel WinDVDに比べて不安定(音楽CDでいうところの音飛びが多い)です。WinDVDの方が全く飛ばず安定して再生できます。

    1. 秋山様、情報ありがとうございます。
      やはり市販ソフトのWinDVDの方が安定感があるようですね。
      それでもフリーでこれだけ使えれば十分です。

  5. はじめまして。
    Leawo blu-rayをインストールし、DVDは再生できました。が、Blu-Rayはきれいに再生できません。音声は問題ないのですが画面がぶれている状態です。
    静止画面のみ見れるだけです。
    解決方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

  6. こちらでご紹介頂きダウンロードさせていただきまして、この度ご質問がごぞいます。
    自宅でLeawoで再生が可能だったライブのBlu-rayなのですが、パソコンを持ち出しオフライン状態で再生しようとすると「ネットワークに接続されていない」旨のアナウンスが出て再生出来ませんでした(ディスク自体は読み込んでくれるのですが)
    Leawoはインターネットに接続されていない環境下では再生出来ないものなのでしょうか?再生できる方法がありましたらご教示お願いしたいと思います。
    環境はWindows10です

    1. ホシさん、コメントありがとうございます。
      LeawoのFAQにもありますが、ブルーレイの読み込み時にインターネット接続が必要のようです。
      http://www.leawo.org/jp/support/should-i-connect-internet-to-load-blu-ray-discs-jp.html
      これは、新しい著作権保護のBlue-ray側の仕様なので、最近の再生ソフト全般でそのようになっていると思います。
      定期的にインターネットに接続して情報を更新しているので、直近にインターネットにつないで再生しておけば、しばらくはオフラインで外出中でも再生できるかもしれません。

  7. 昨日最新のver.1.9.4.0にアップデートしたところ、1.9.3.5で一度取りやめとなったBDAV再生対応が復活していました。今日2枚ほど録画したものをダビングしたBDを再生したところ2枚とも1.9.3.0で頻繁に起こる音楽CDでいうところの音飛びが全く出ず正常に再生できました。しかもWinDVDより軽量(CPU使用率が明らかに低い)で現時点に於いてWindows用BD再生ソフトでは最強です。ちなみにインストールした後は必ずPCを再起動してください。

    1. 秋山さん、アップデート情報ありがとうございます。
      BDAV再生機能は、ブルーレイレコーダー録画が普及している日本で需要のある機能ですね。
      それがフリーソフトで対応しているとは太っ腹ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です