富士通LIFEBOOK AH77/DのSSDとCPUファン交換

2019/05/29[公開] 2019/06/05[最終更新]

IMG_20190526_174503

 富士通ノートブックのLIFEBOOK AH77/D(型番:FMVA77DRY)のSSD換装のご依頼をいただきました。ついでにファンの騒音が酷いというよりも異音になっていたため、CPUファンも交換しました。

 HDD⇒SSD換装だけなら簡単な機種ですが、CPUファンを交換するには裏のネジを全部外すので少し面倒です。

スポンサーリンク

SSDとCPUファン

 交換用のCPUファンを先に紹介しておきますが、実際には中を開けて搭載されているファンの型番(KDB05105HB)を調べて同じものをAmazonで購入しました。

 SSDは500GBのこちらです。元HDDが750GBですが実際の使用データを調べると500GBで十分だという判断です。

分解手順

 まずはバッテリーを取り外してから、HDDとメモリー交換用のフタを外します。この機種はHDDをSSDに換装するだけなら、下画像の赤く囲ったフタの2本のネジを外してHDDを取り出すことができます。

先にバッテリーを外し、HDDのフタを外します。
先にバッテリーを外し、HDDのフタを外します。
ネジを2本外すとHDDが取り出せます。
ネジを2本外すとHDDが取り出せます。

 今回は、HDDをSSDに換装するところは簡単なので画像を撮っていません。

 さらにCPUファンの交換をするために、裏側から見えているネジを全部外します。ネジは数を数えていませんが20本近く外しますが、その中で マークが付いている箇所のネジ7本だけはネジサイズが違います。あとで戻すときに分からなくなることがない親切なマーク付きです。

裏から見えるネジを全部外す
裏から見えるネジを全部外す
マークがあるネジ穴だけネジの種類が違う
▲マークがあるネジ穴だけネジの種類が違う
ネジの種類は2種類
ネジの種類は2種類

 ネジを全部外したら、裏フタ全体を持ち上げて外すことができます。

裏フタを外した状態
裏フタを外した状態

 CPUファンはネジ2本を外して、コネクターを外せば取り出せます。コネクターを外すときに力まかせに引っ張ると基盤を壊しそうなくらい固いですが、下画像のポッチ(突起)部分が基盤側のコネクターに引っかかっているので、そこに小さなマイナスドライバーを突っ込んで少し浮かせながら引っ張ると外れました。

ネジ2本を外す
ネジ2本を外す

コネクターが固かった
コネクターが引っこ抜けずに固かった

この突起が引っかかっている
この突起が引っかかっている

裏側のここに小さなマイナスドライバーのようなものを挿しながら抜く
裏側のここに小さなマイナスドライバーのようなものを挿しながら抜く

 CPUファンの裏側のアルミ板のようなものを、交換用CPUファンに付け替えてから取り付けます。

まったく同じ型番のCPUファンを用意できた
まったく同じ型番のCPUファンを用意できた
裏のアルミパーツを移し替える
裏のアルミパーツを移し替える

作業完了

 あとは、逆の順番で元に戻してCPUファンの交換作業は完了です。今回は画像を撮っていないのでHDDをSSDに換装する部分は詳しく説明していませんが、クローンにしたSSDにも交換しています。

 動作が遅いのと、PCから異音がする2つのトラブルが解消してよかったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です