Express Zipの無料お試しが切れたらアンインストール方法

2017/03/10[公開]

 何かのフリーソフトをインストールした時に、一緒にインストールされてしまったExpress Zipという圧縮・展開ソフトの削除方法です。このソフト、無料お試し期間が過ぎたらデスクトップ操作で何をするにも、ソフトウェアを購入しろという画面を出してまともにPCを使うことが出来なくなってしまいます。通常のアインインストール操作もできないので、これは迷惑ソフトに違いないでしょう。

スポンサーリンク

こんな状態

 windows10のデスクトップ操作で、コントロールパネルを開く、エクスプローラーを開くなどの操作をするだけで、お使いのExpress Zipファイル圧縮ソフトは、無料お試し版です。購入の準備はできましたか?という画面を出して、オンラインで購入するまでこの画面を出し続けます。これではプログラムの削除もできないし、通常のPC操作すらできません。

express-zip2
この画面が出てコントロールパネルも出せない

削除方法

 windows10の場合は、デスクトップのコントロールパネルではなく、アプリの設定からアンインストール可能でした。

  スタート→ 設定→ システム→ アプリと機能 を開きます。アプリ一覧がリストされるので、Express Zipファイル圧縮ソフトをクリック、出てきた「アインインストール」ボタンをクリックで削除します。

express-zip3
アプリの設定画面は開いて削除できた
express-zip4
アンインストール画面が出た

エラーが出てしまう場合

 アンインストールがエラーで進まない場合、Express Zipのプロセスが稼働中だと削除できないようです。タスクバーを右クリックでタスクマネージャーを開き、Express Zipファイル圧縮ソフト(32bit)のタスクを終了してから、再度アンインストールを試します。

express-zip5
エラーが出て削除できない場合
express-zip6
タスクマネージャーでプロセスを終了させる

公式アンインストール方法

 今回は、windows10でのアンインストール方法でした。その他のwindowsではどうするのかは未確認です。ソフト制作元のNCHソフトウェアのExpress Zipの削除方法が公開されています。しかし、普通にコントロールパネルからアンインストールする方法の説明です。アンインストールについて

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です