ELECOM WLR-1900Xを購入したらWRC-1900GHBK-Aが届いた

2016/09/03[公開]

 自宅用に、ELECOMの無線ルーターWLR-1900Xを購入したら、あたりまえのようにWRC-1900GHBK-Aが届きました。スペックがまったく同じなので、それは別にいいのですが、この商品は他メーカー品と比べて、初回設定のSSIDと無線暗号化設定が必須で、手順が複雑です。その代わり、他メーカーの同等商品と比較して安いのが良い点です。

WLR-1900Xを注文

 メーカーHPにWLR-1900Xの情報が載ってないので、WRC-1900GHBK-Aと何が違うのかと思いつつも注文してみました。商品の登録時期はWLR-1900Xのほうが後発なので、何かを期待していたのですが、同じ物が届くのなら、その時安い方を購入すれば良いかもしれません。WLR-1900X [無線LANルーター親機/11ac.n.a.g.b/1300+600Mbps/有線Giga]

届いたのはWRC-1900GHBK-A
届いたのはWRC-1900GHBK-Aの箱そのまま

無線セキュリティ設定必須

 このシリーズは、工場出荷時の状態ではSSID未設定、暗号化設定無しになっています。現行の無線LANルーターで一般的な、工場出荷時に無線セキュリティが設定済みな製品と比較して、梱包を解いてガチャポンで設置後すぐに利用開始とならないのが特徴です。

 かといって一昔前の無線ルーターのように、暗号化なしのまま野良電波出しっぱなしにはならないようになっています。初回無線設定を実施しないと利用開始とならない仕組みです。これが初心者泣かせといいますか、買ったはいいが、利用できないで困ったことになる可能性が他の商品より多くなる原因です。

 このタイプは、ELECOMの2015年あたりに発売のシリーズで共通の仕様のようです。下記の製品が同シリーズとなっているようです。

  • WRC-1467GHBK-A
  • WRC-1167GHBK3-A
  • WRC-1167FEBK-A
  • WRC-600GHBK-A
  • WRC-733FEBK2-A

全部がこの仕様ではない

 ELECOMの無線ルーター親機が、すべてこのタイプということではありません。工場出荷時に無線セキュリティーが設定済みで、ルーター本体に初期SSIDと暗号化キーが刻印されている製品もあります。例えば2016年発売のWRC-2533GHBK-I や、2014年以前に発売された商品など。

 今回、WLR-1900Xなる商品を注文したのは、WRC-1900GHBK-Aの無線セキュリティーが設定済み版なのかなと期待していたのですが、WRC-1900GHBK-Aまんま箱で届いたので、WLR-1900Xという商品が別に存在しているのかどうかは不明のままです。

大量のマニュアルが付属

 このシリーズの特徴として、ものすごい数のマニュアルが付属しています。Windowsパソコン、新Mac、旧Mac、iOS、Andoridなどそれぞれで設定する簡易セットアップマニュアルに、製品の詳細マニュアル、英語版、中国語版、専用アプリSkyLinkManagerのマニュアルなど、とても読む気にならない数の冊子の束が箱の中に入っています。

 これが一体どのマニュアルの、どの部分を読めば良いのかというところで、わけが分からない状態に陥ることになりかねないのです。実際、私はこのマニュアルには手をつけずに設定をします。

マニュアルだけで15冊くらいある
マニュアルだけで15種類くらいある

有線LANで接続して設定

 この商品は、初期設定を済ませて初めて無線LANで接続可能になるので、まずは設置したら有線LANケーブルでルーターとPCを接続して、WEBブラウザーで設定画面を出して初回セットアップを済ませます。これは、ルーターの詳細セットアップを実施したことがある上級者向けの方法です。

  1. 商品を設置したら、有線LANケーブルでつなぐ
  2. ブラウザーでhttp://192.168.2.1を開く
  3. ルーターの管理者パスワードを設定
  4. WAN設定(PPPoE設定)をする(NTT東フレッツや光コラボで、ルーターが無い場合のみ)
  5. 無線SSID設定(2.4GHz、5GHz両方)
  6. 無線暗号化設定(2.4GHz、5GHz両方)

 設定ができたら、PCやスマホ、タブレット側で無線LANに接続するとインターネットが利用できます。付属する大量のマニュアルでいうと、≫15.Webブラウザーからの初期設定方法(有線での設定方法) これを読むべきとなります。

 マニュアルは下記リンクからも閲覧可能です。関連リンク検索結果 – ELECOM WEB SITE!

SkyLinkManagerで簡単セットアップ

 スマホやタブレットから初期設定したい場合は、SkyLinkManagerアプリを使って設定します。iOSならAppStore、AndroidならPlayStoreからダウンロードできます。PCでは、付属CDからインストールするか、ELECOMサイトからダウンロードできます。

 初心者の方には、このSkyLinkManagerを使って設定するとしか言いようがありません。私はこのアプリは使ったことがないので、付属のマニュアルをよく読んで設定を進めてくださいとしか言えません。

売れ筋商品です

 同等スペックの他社メーカー製の無線ルーターと比較して、3割、4割安く買えるイメージです。量販店でいろいろな商品が並んでいると、割安感から手に取りやすいと思われます。店員さんに相談すれば、スペックと値段からお勧めされることも多いようです。

 簡単に設定できますかと聞かれたら、アプリもあるので簡単ですよとしか言いようがありません。自分でSSIDや暗号化キーを設定するので、2台目、3台目の端末につなげるのはコチラのほうが簡単とも言えます。ただし、1台目につなぐ設定は、なかなかクセのある商品なのは事実です。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です