デジカメde同時プリント9をWindows10 64bitにデータ移行する

2018/05/07[公開]

douji-print2

  デジカメde!!同時プリント9をデータも含めてWindows10のPCに移行してきました。このソフトはXP時代から新しいバージョンが出ていませんが、アップデータを適用すればWindows7までサポートされていました。

 現行Windows10の64bitバージョンで新規PCのセットアップ依頼をいただきましたが、デジカメde同時プリント9.10の最終バージョンのインストールも出来て、旧PCからフィルムも含めてデータ移行することが出来ました。

スポンサーリンク

デジカメde!!同時プリントのインストール

 元々エー・アイ・ソフトが販売していたソフトですが、エー・アイ・ソフトがエプソンと合併して以降、後継ソフトが出ていない状況です。

 購入時のインストールCDとシリアルNo.とライセンスキーを保管していることが大前提ですが、エプソンのサポート&ダウンロードページから、アップデータがまだ公開されているので最終バージョンの9.10に新規インストールが可能です。

 

 上記エプソンのサポートページの手順通りに、Windows7に新規インストールする手順と同じ手順で、Windows10 バージョン1803の64bit版でもインストールが可能でした。

旧PCからバックアップ

 いままで利用していたPCのデジカメde!!同時プリントを立ち上げて、ファイル環境設定管理 画面を開いてデータの保存場所を確認できます。

 デフォルトのデータ保存場所の場合は、 C:\Users\Public\Documents\AisoftAisoftフォルダーをそのままコピーしてバックアップが出来ます。デフォルトのデータ保存場所が、パブリックフォルダーなのが注意です。新規PCに移行なら問題ないですが、リカバリー前のバックアップでは取り忘れると大変です。

 デフォルト設定から保存場所を変更している可能性も十分あります。画像データもここに保存されているので、データ量が多くなりがちなので保存場所を変えている可能性が高いです。

setting-open4
ファイル→環境設定→管理 を開いてデータ保存場所を確認できる

バックアップメニューもあるが

 上部メニューから フィルム フィルムのバックアップ で外付HDDにデータバックアップが出来ますが、丸ごとデータ移行する場合は上記Aisoftフォルダーを直接バックアップした方が簡単ですし、レイアウトデータもコピーできます。

フィルムとデータを復元

 新規PC側でデータを戻す方法です。

 デフォルトのパブリックフォルダーのドキュメントか、環境設定で保存場所を変更した場合はその場所にバックアップしたAisoftフォルダーのデータを戻します。

 デジカメde!!同時プリントを立ち上げて、上部メニューから フィルム 参照フィルムの追加 を選びます。

douji-print4
フィルムを全部再取り込みする方法
  • 左側のフォルダ一覧から保存場所の AisoftHomeDPEFilms フォルダーを選択
  • フィルムの追加方法は、指定したフォルダのサブフォルダを選択
  • バックアップ情報(フィルム名/コメント/日付)が~優先して使うにチェックを付ける
  • フィルム名の付け方は、フォルダ名を使うを選択

 この設定で追加ボタンを押すと、すべてのフィルムと写真が日付もそのまま一気に再登録することができました。

移行完了

 以上で、Windows10のPCに買い替えてもデジカメde!!同時プリント9の環境をそのまま移行させることが出来ました。動作保証はないですが、Windows10でも今まで通りの写真の取り込みと整理ができるようになりました。

 デジカメde!!同時プリントを長年愛用していて、コレという代替えソフトがないため新規PCに買い替えられないという心配はなさそうです。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です