レッツノートCF-SZ5 HDDモデルのSSD換装

2021/02/27[公開]

cf-sz5-hdd

 Let’s note CF-SZ5のHDD搭載モデル(型番:CF-SZ5ADCVS)のSSD換装作業のご依頼をいただきました。

 以前、CF-SZ5のM.2 SSDモデルの換装作業を記事(過去記事)にしていますが、このモデルは購入時にHDD搭載かSSD搭載だったかによって、2.5インチかM.2のどちらのSSDを用意するのか違ってきます。

 リース終了放出で中古市場に多数出回ってくるのが、すでにWindows10ネイティブのCF-SZ5あたりになってきていることに驚きますが、両モデルの構成の違いが分かる比較も交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

分解手順

 裏のカバーを開ける難易度はどれほど高くありません。

 まずは、裏返しにしてバッテリーを外します。

バッテリーを外します
バッテリーを外します

 裏側から見えるネジのうち、ゴム足を止めている2本以外の16本をはずします。(ゴム足の2本を含むすべてのネジを外しても問題ありません。)

裏のネジ16本を外します
裏のネジ16本を外します

 裏のカバー全体を取り外します。ツメで引っかかっているのは2か所くらいなので、開腹ツールを使わなくても手で開けられました。

裏のカバーを外した状態
裏のカバーを外した状態

 HDDモデルは、M.2スロットのコネクター部分がありません。こういうところに日本製パソコンならでわの『こだわり』を感じることができます。

M.2 SSDはコネクターがないので搭載できません
M.2 SSDはコネクターがないので搭載できません

HDDモデルとSSDモデルの違い

 M.2 SSD搭載モデルの画像も出しておきます。これはSSD搭載、DVDドライブ無しの型番:CF-SZ5YMFVSのものです。HDDとDVDドライブが無いので中はガラガラですね。HDDとDVDをつなぐSATAコネクターケーブルがありません。

SSD搭載モデルの場合
SSD搭載モデルの場合

 中古でSZ5を入手される場合、HDD搭載なら2.5インチSSD、SSD搭載ならM.2 SSDが換装用として適しています。M.2 SSDでもSATAタイプじゃないと動作しないので、速度的にはどちらでも変わりません。

 むしろ、M.2で主流のNVMeタイプのSSDでは認識されないので、間違えて購入しないように注意が必要です。

換装作業

 HDDはそのまま手で持ち上げてSATAコネクターを外せば取り出せます。

HDDを持ち上げてはずす
HDDを持ち上げてはずす

 HDDを覆っている透明のケースを2.5インチSSDに付け替えます。

透明のケースを付け替えます
透明のケースを付け替えます

 今回は、お客様お持ちの別PCから取り外したSSDを取り付けて換装作業完了です。

SSDに換装完了
SSDに換装完了

Windows10をインストールして作業完了

 今回は、新規に使い始める用途なのでマイクロソフトのWindows10 Proをクリーンインストールしました。

 レッツノートのWindows10の場合、HDDのCドライブ直下にutilフォルダーがあれば、それをクリーンインストール後にフォルダーごと移しておけば、その中にドライバーや付属ソフトのインストーラーが揃っています。

 utilフォルダーのdriversフォルダーの上からインストールしていけば、5つ目くらいで不明なドライバーが全部なくなります。付属ソフトはPowerDVDだけインストールしました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です