レッツノートCF-LX4の不明なドライバ一覧【Windows10クリーンインストール】

2021/05/18[公開] 2021/05/24[最終更新]

 PanasonicのLet’s Note CF-LX4(型番:CF-LX4FEEBP)でWindows10(バージョン20H2)をクリーンインストールしたあと、Windows Updateを行っても不明なドライバーが14個もあったので個別にインストールしたドライバー情報一覧のご紹介です。

 数年前に1TBのSSDに換装(過去記事)して以降、使っていらしたのですが今月になってWindowsが起動しなくなったトラブルです。それ以前に動作が遅くなっていたり、MVNOのSIMで通信できなくなっていたり、左側のUSBが使えなくなっているトラブルもあったので、購入時のWindows8.1に戻すのではなく、直接Windows10の最新バージョンを入れ直すことになりました。

スポンサーリンク

クリーンインストール後の不明なデバイス

 必要なデータのバックアップ後、マイクロソフトの現行バージョンWindows10(バージョン20H2)のインストールメディアを使って新規インストールを行いました。その後、インターネットにつないで初回のWindows Updateをかけた状態で、デバイスマネージャーでドライバーが当たっていない14個の不明なデバイスです。

不明なデバイス14個
不明なデバイス14個

Windows8.1用ドライバーから

 パナソニックパソコンサポートサイトより、LX4導入済みドライバーから2つインストールしました。

https://askpc.panasonic.co.jp/dl/install/lx4h.html

この2つはWindows8.1用ドライバーとなります。

表示名
SM バス コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CA2&SUBSYS_833810F7&REV_03
番号1番
ソフト名チップセットソフトウェア(intel)
表示名
PCI シンプル通信コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CBA&SUBSYS_833810F7&REV_03
番号7番
ソフト名Intel Management Engine Software

Windows10用ドライバーから

 CF-LX4はWindows10アップグレード対象PCだったので、パナソニックパソコンサポートの対応ドライバーページからダウンロードできます。

https://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/docs/003981?no=29&p1=101&p2=101101&p3=101101333&score=1.0&sri=5224616&trn_org=2

 上記ページの【02】Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバーをインストールすると一気に4種類9個のデバイスにドライバーが当たります。

表示名
PCI データ取得およびシグナル処理コントローラー
場所
 
ハードウェアIDPCI\VEN_8086&DEV_9CA4&SUBSYS_833810F7&REV_03
番号【02】
ソフト名Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバー
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI-Compliant System
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3400
番号【02】
ソフト名Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバー
表示名
不明なデバイス
場所
PCI Express ルート コンプレックス
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3402
番号【02】
ソフト名Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバー
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI 対応埋め込みコント ローラー
ハードウェアIDACPI\VEN_INT&DEV_3403
番号【02】
ソフト名Intel(R) Dynamic Platform and Thermal Framework ドライバー

さらにこちらの3つをインストールします。

表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI-Compliant System
ハードウェアIDACPI\VEN_MAT&DEV_0028
番号【03】
ソフト名HID Drivers for Panasonic PC
表示名
不明なデバイス
場所
Microsoft ACPI-Compliant System
ハードウェアIDACPI\VEN_MAT&DEV_0019
番号【04】
ソフト名System Interface Device Driver
表示名
不明なデバイス
場所
Port_#0007.Hub_#0002
ハードウェアIDUSB\VID_8087&PID_0A2A&REV_0001
番号【08】
ソフト名Bluetooth software for Intel 7265

以上で、デバイスマネージャー上の不明なデバイスは無くなりました。

ファン制御モードを有効にするには

 レッツノートはクリーンインストールだとCPUファンが回転しすぎてうるさい現象があります。最初のLX4導入済みドライバーから「電源プラン拡張ユーティリティ」をインストールすると電源プランで省電力モードを選ぶことができるようになります。

番号15番
ソフト名電源プラン拡張ユーティリティ

 インストール後にPCを再起動すると、タスクバー右下に電源プラン拡張ユーティリティのアイコンが出ているので、右クリックでパナソニックの電源管理(省電力)を選ぶとファン制御モードが有効になってだいぶファンが静かになりました。

ファン制御モードが有効になった
ファン制御モードが有効になった

作業完了

 以上でバージョン20H2をクリーンインストール後に不明なデバイスを無くすことができました。あとはMicrosoft Office Premiumがプリインストールされていたので、マイクロソフトアカウントからダウンロードしてインストールして、バックアップデータを戻して作業完了でした。

 左のUSBポートも使えるし、MVNOのSIMでインターネット接続もできるようになったので、クリーンインストールして正解でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です