レッツノートCF-AX2のmSATA SSD交換とWindow10インストール

2018/11/19[公開]

 Panasonicレッツノート CF-AX2(型番:CF-AX2SEGJR)の内臓SSDがBIOS上で認識しなくなったり、たまに認識してもブルースクリーン発生と不調になったので新しいSSDに交換して、Windows10をクリーンインストールする作業依頼をいただきました。

スポンサーリンク

分解手順

 内臓SSDにアクセスするために裏フタを開けて分解する手順は、わりと簡単でした。バッテリーが2つ内臓しているモデルであるのが注意点です。

 まずは、簡単に外せる第1バッテリーを外して、裏側から見えるネジを全部(20本)外します。20本のうち液晶ヒンジ側の外側2本だけネジのサイズが違うので、戻すときに覚えておきます。

DSCN8298
バッテリーを外して、裏側から見えるネジを全部外す
neji20
外した20本のネジのうち、ヒンジ外側の2本だけサイズが違う

 ネジを外せば、裏フタはそのまま上に持ち上げることができます。内臓されているSSDが見えますが、先に第2バッテリーを外しておきます。

cf-ax2-2
フタを外すとSSDが見えます

 第2バッテリーのコネクターとSSDはテープで押さえられているので、テープをめくって先に第2バッテリーのコネクターを外してから、SSDの2本のネジを外してSSDを取り出します。

DSCN8311
テープを外して第2バッテリーを外してからSSDを外す

mSATAタイプのSSD

 内臓されているのはmSATAタイプの128GB SSD(型番:MZ-MPC1280)でした。mSATAタイプのSSDは交換部品の選択肢が少ないですが、Amazonでは入手可能です。

今回は、製品登録が新しめという理由で480GBのこちらにしました。

DSCN8315
左(128GB)を外して、右(480GB)に交換
cf-ax2-3
交換後のCrystal DiskMark6.0のテスト結果

Windows10インストール

 購入時のWindows8のリカバリーディスクはないので(あっても使わないですが)Windows10のバージョン1803をクリーンインストールしました。インストール後のWindows Updateを行っても、3つほど不明なデバイスとしてドライバーがインストールされていませんでした。

cf-ax2-4
不明なデバイス3つ

 これらは不明なままでも構わないと思いますが、ドライバーを全部当てたい場合は、Panasonicのサイトからこの機種用のWindows8 64bitドライバーをダウンロードしてインストールします。

 今回のCF-AX2SEGJR用のドライバーリストは無いですが、Wimax搭載で構成が似ているCF-AX2LVCCS用 Windows 8 (64bit) 導入済みドライバーを利用できました。

  • WiMAX 6250 …32番 WiMAXドライバー
  • PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラー …27番 Intel Dynamic Platform and Thermal Framework(DPTF) 6.0 をバージョンダウンでインストール
  • 不明なデバイス(ハードウェアID:ACPI\MAT0028)23番 HID Drivers for Panasonic PC

これで、不明なデバイスはなくなりました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)