ASUS ゲーミングノートTUF Gaming A17 FA706IUのSSDとメモリ増設

2021/02/19[公開]

asus-a17

 ASUS TUF Gaming A17 FA706IU (型番:FA706IU-R7G1660TI) ゲーミングノートPCのメモリー32GB化と、SSDスロット2基目に2TB SSD増設の作業依頼をいただきました。

 今回は、購入時にオプションのASUSあんしん保証に加入されているPCなので、増設したパーツ以外の製品保証は保たれるので安心して作業できました。

スポンサーリンク

用意したパーツ

 SSDはNVMe(PCIe3.0×4)でヒートシンク付きの addlinkのコチラにしました。高速タイプなのに発熱も抑えられる実績があるSSDです。さらにヒートシンク付きでゲーミングノートPCにピッタリの製品です。

 メモリーはシリコンパワーのDDR4-3200(PC4-25600) 16GB×2枚セットのコチラ

分解手順

 SSDとメモリーにアクセスできるまで分解する手順は、わりと簡単です。裏のカバーを外すところさえクリアできればすぐに基板が見えます。

 まずは、裏側から見えるネジを全部外します。青矢印の一本は緩めるだけの外れないネジです。

裏から見えるネジ11本はずす(青矢印の1本は緩めるだけ)
裏から見えるネジ11本はずす(青矢印の1本は緩めるだけ)

 開腹ツールを突っ込んでいき、裏のツメを外しながら開けていきます。液晶ヒンジ側の角辺りから攻めると開けやすかったです。

開腹ツールを入れていく
開腹ツールを入れていく
ある程度開いたらガバッと外れます
ある程度開いたらガバッと外れます

 裏のカバーを開けたら、SSDとメモリーが見える状態になります。

カバーを開けたところ
カバーを開けたところ

バッテリーを外す

 念のため、先にバッテリーを外した状態にします。ネジを2か所外して、バッテリーごと斜めに持ち上げると、つながっているコネクターも引っこ抜けます。

ネジ2本はずします
ネジ2本はずします

増設作業

バッテリーを取り外します
バッテリーを取り外します

 メモリーは黒いカバーをめくったら2スロット、SSDもM.2スロットが2基分あります。

SATAの2.5インチHDDのマウンターがあり、SATAのコネクターが写真では無いですが、これは購入時の付属品でコネクターがついているようです。私は実物を見ていないので、未確認情報です。後付けでHDDも搭載できるようです。

 メモリーは8GB×2枚を取り外し、16GB×2枚と入れ替えて32GBに増設します。放熱シートのようなシールが貼ってあるので、それを付け替えておきました。

 搭載されていたメモリーは、Micron MTA4ATF1G64HZ-3G2E1 8GBでした。

放熱シートを付け替える
放熱シートを付け替える
搭載されていたのはMTA4ATF1G64HZ-3G2E1
搭載されていたのはMTA4ATF1G64HZ-3G2E1

 SSDスロットの2基目は空いていましてネジも付属しているので、増設用SSDを取り付けるだけでした。ヒートシンク付きなので厚さが心配でしたが、問題なく収まりました。

厚さが心配でしたが
厚さが心配でしたが
取り付けた状態
取り付けた状態
カバーを閉じても干渉なし
カバーを閉じても干渉なし

蛇足(m.2ネジを舐める)

2基目のSSDを止めるM.2用のネジは付属していましたが、ちょっと固く止まっていてネジ穴を舐めてしまいました。ネジザウルスで強引に回して外しました。今回は訪問ではなくて預かり作業だったので助かりました。

ネジ穴を舐めてしまう。
ネジ穴を舐めてしまう。
ネジザウルスで難を逃れる
ネジザウルスで難を逃れる

搭載SSDをチェック

 購入時付属のSSDをチェックしました。SSDも放熱用カバーに覆われていたので剥がしてみると、Kingston OM8PCP3512F-ABでした。512GBです。

 カタログスペックでSSDがPCI Express 3.0 x2接続と出ているのは、このSSDのことのようです。SSDスロット側はPCI Express 3.0 x4接続に対応しているはずといことで増設SSDを選んでいます。

搭載SSDをチェック
搭載SSDをチェック

速度チェック

 増設したSSDのCrystalDiskMark8.0.1のテスト結果です。やはりPCI Express 3.0 x4のスペック通りの数値が出ています。

CrystalDiskMark8.0.1の結果
CrystalDiskMark8.0.1の結果

作業完了

 以上でメモリーを32GBに増設して、2基目のSSD 2TBを増設する作業は完了です。

 2基目のSSDの方が高速で大容量なので、Windowsを2TBの方にインストールして使うというのもアリです。今回は、Cドライブは元の512GBのまま、増設した2TBはDドライブにしてゲーム用データ保存ディスクとされる予定とのことでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です