2020年6月の月例Windowsアップデート情報(10/8.1)

2020/06/10[公開] 2020/06/25[最終更新]

 2020年6月の月例Windwosアップデートが第2火曜日(日本時間第2水曜日)に配信されています。

 クライアントOS別にwindows8.1、10のセキュリティ更新プログラム情報を書き出しています。

 月内に追加の更新プログラムがあれば、できるだけ追記していきます。新型コロナウイルス感染症の影響で先月から第3週、第4週のセキュリティ更新以外の追加更新プログラムを一時停止になっていますが、今月はどうなるでしょうか。

スポンサーリンク

Microsoft Updateカタログ

 自動更新を利用せずに今月のセキュリティアップデートを手動でインストールする場合、ダウンロードはMicrosoft UpdateカタログからKB番号で検索してダウンロードできます。この記事でKB番号にリンクを入れているのは、このUpdateカタログのダウンロード先になっています。

月例アップデート直後はUpdateカタログのサイトが混みあっているのかリンクが開くのが5回~10回に一度しか開きません。根気よく何度か試してください。

 今月の更新プログラムを探す場合は、「2020-06」で検索して製品(OS名)でソートするのが見つけやすいです。

Microsoft Updateカタログ

http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx

Windows Release Information

 新しいリリースヘルスダッシュボードが公開されています。Windowsの更新プログラムの既知の問題や解決済みの問題などが一覧で確認できるようになっています。

 下記リンクを開くとバージョン1909のページが開きます。左サイドにその他のWindows10バージョンやWindows7と8.1(Previous version)のページのリンクがあります。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/release-information/status-windows-10-1909

 まだ英語ページしかないです。右クリック日本語翻訳機能が標準で付いているChromeブラウザーで見るのがオススメです。

Windows 8.1

 Windows8.1の月例更新プログラムがこちらです。

  • 2020-06 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4561666)
  • 2020-06 Windows 8.1 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4561600)

オプションの更新プログラム(手動ダウンロード)

(2020/06/25追記)今月第3週に追加公開された更新プログラムです。一部のプリンターで印刷トラブルを改善する更新プログラムです。Windows Updateには配信されないので、該当トラブルが発生した場合のみUpdateカタログから入手してインストールできます。

  • 2020-06 Windows 8.1 更新プログラム (KB4567521)

 マンスリー品質ロールアップをインストールする前に、最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) がインストールされていることが推奨されています。Windows Updateの自動更新が有効なら最優先で配信されているはずです。

  • 2020-06 Windows 8.1 サービス スタック更新プログラム(KB4562253)

Windows 10

 Windows10は、バージョン毎に累積更新プログラムのKB番号が違います。最新バージョンから3世代分がサポートバージョンです。 バージョン1903と1909の累積更新プログラムのKB番号は共通です。

  • 2020-06 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム (KB4557957)May 2020 Update
  • 2020-06 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4560960)November 2019 Update)
  • 2020-06 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4560960)(May 2019 Update)

オプションの更新プログラム(Windows Update手動)

(2020/06/25追記)今月第3週に追加公開された更新プログラムです。一部のプリンターで印刷トラブルを改善する更新プログラムです。Windows Updateには配信されないので、該当トラブルが発生した場合のみUpdateカタログから入手してインストールできます。

  • 2020-06 Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム (KB4567523)May 2020 Update
  • 2020-06 Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム (KB4567512)November 2019 Update)
  • 2020-06 Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム (KB4567512)(May 2019 Update)

 Adobe Flash Player 対応の更新プログラムが配信されています。

  • 2020-06 Windows 10 version 2004 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4561600)May 2020 Update
  • 2020-06 Windows 10 version 1909 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4561600)November 2019 Update)
  • 2020-06 Windows 10 version 1903 セキュリティ更新プログラム (Adobe Flash Player 対応) (KB4561600)(May 2019 Update)

 こちらの更新プログラムも配信されています。

  • 2020-06 Dynamic Update for Windows 10 Version 2004 (KB4557956)May 2020 Update

 累積更新プログラムをインストールする前に、サービス スタック更新プログラム (SSU) がインストールされていることが推奨されています。 Windows Updateの自動更新が有効なら最優先で配信されているはずです。

  • 2020-06 Windows 10 Version 2004 サービス スタック更新プログラム (KB4560366)May 2020 Update
  • 2020-06 Windows 10 version 1909 サービス スタック更新プログラム (KB4560959)November 2019 Update)
  • 2020-06 Windows 10 Version 1903 サービス スタック更新プログラム (KB4560959)(May 2019 Update)

Office の更新プログラム

 Microsoft Officeの更新プログラムは、こちらのマイクロソフトページで更新情報一覧が確認できます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4559448/june-2020-updates-for-microsoft-office

Windows Updateが失敗を繰り返す場合

 更新プログラムを効率よくインストールするなら、Windows Updateに任せてインストールするのが一番いいでしょう。同じ更新プログラムでも差分を計算してダウンロードデータを節約してインストールしてくれます。

 とはいえ、Windows Updateに時間がかかっている場合や、パソコンが急激に遅くなって何も操作できないトラブルが発生している場合は、上記更新プログラムをダウンロードしてスタンドアロンインストールする方法があります。

Windows 10 /8.1

 Windwos8.1以降で、Windows Updateが失敗するトラブルが解決しない場合、インプレースアップグレードを試す方法もあります。

サポート終了OS

 Windows7とVistaをサポート終了時点の状態までWindows Updateする場合はこちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

 サポート終了したVistaにWindows Server 2008の更新プログラムをインストールしてみる方法は、サポート外なので別記事にしています。(このあと更新予定です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です