2016年10月Windowsアップデートの先入れVista用KB3191203

2016/10/13[公開]

 10月の定例windowsアップデート先入れパッケージKB3191203についての考察です。windows Vista専用ですが、Vistaは今月も更新プログラムの確認が終わらないのが発生しているようなので先にテストしています。今月はwindows7の更新プログラムの配信方法が大幅に変わったのですが、先月までの更新プログラムを全部入れていれば、windows7については時間がかかるのが解消しているはずなので後回しです。

スポンサーリンク

KB3191203

 今月の更新プログラム一覧の中から、Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラムMS16-120)と、Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラムMS16-123)の更新プログラムのWindows Vista用のパッケージがKB3191203です。

 例の、Win32k.sysその他を書き換えるパッケージなので、このKB3191203を先入れすることで、今月の更新プログラムの確認に時間がかかるのを避けることができると思われます。家には、先月までの更新を済ませた状態のVista PCが無いので、ここは推測です。(家には、SP2クリーンインストール直後の状態のVistaしかテスト環境がないもので。)

Windows Vista 用セキュリティ更新プログラム (KB3191203)

32bit 64bit ←MSダウンロードセンター直接リンク

再セットアップ後のリスト変更

 問題なのは、Vista SP2へリカバリーやクリーンインストール後のwindowsアップデートの時短リストです。KB3191203はWin32k.sys以外にも書き換えファイルが多数あるパッケージです。最初予想した先月のKB3185911を外したら確認が終わらなくなったので、推論だけでは正直わからなくなってしまいました。仮想マシンで何パターンかテストしてみました。

  • KB3191203・KB3185911・KB3178034・KB3164033・KB3109094→約9分
  • KB3191203・KB3185911・KB3164033・KB3109094→約9分
  • KB3191203・KB3164033・KB3109094→30分待って終わらず
  • KB3191203・KB3185911・KB3164033→約15分
  • KB3191203・KB3185911・KB3109094→約30分

という結果から、KB3178034を外しても大丈夫だろうという推測です。

先月までのリスト

  • KB3109094 [MS15-128] 公開日2015/12/09
  • KB3164033 [MS16-074] 公開日2016/06/15
  • KB3178034 [MS16-097] 公開日2016/08/10
  • KB3185911 [MS16-106] 公開日2016/09/14

今月はこうなりました。

  • KB3109094 [MS15-128] 公開日2015/12/09
  • KB3164033 [MS16-074] 公開日2016/06/15
  • KB3185911 [MS16-106] 公開日2016/09/14
  • KB3191203 [MS16-120] 公開日2016/10/12

実機でのテスト結果

 windowsVista Home Premium SP1 32bit搭載PCだったNEC VR970/MGで、リカバリーしてSP2をスタンドアロンインストール直後この対策を実施して初回windowsアップデート「更新プログラムの確認」の実測結果です。(Windows Updateエージェントのバージョン7.6.7600.256)

確認時間 重要な更新 オプション
6分20秒 211個 0個

この内容で、コチラのまとめ記事を更新しました。解決!7とVista更新プログラムの確認が終わらない対策まとめ

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

“2016年10月Windowsアップデートの先入れVista用KB3191203” への4件の返信

  1. 記事更新お疲れ様です。
    KB3185911 は最新の User32.dll があるので、外すとボトルネックになるみたいです。

    > KB3191203・KB3185911・KB3164033・KB3109094→約9分
    > KB3191203・KB3185911・KB3164033→約15分
    ファイルバージョンだけ見ると、KB3191203 + KB3185911 で KB3109094 は外せそうな気がしましたが、そううまくはいかないみたいですね。
    最初に KB3191203 を LDR モードで強制インストールすればあるいは?(未検証)

    あと、ここでは触れられていませんが、Microsoft .NET Framework 4.5.2/4.6用の更新プログラムが一本化されたのが地味に嬉しいです。
    初期状態からの更新ではひとつひとつのインストールに時間かかっていたので、これだけでもかなり時間短縮できます。

    最近更新された記事の一覧があるといいなぁ(ぼそり

    1. とおりすがりさん、いつもコメントありがとうございます。
      VMwareの仮想マシンでは時間差が出たテスト結果ですが、どうやら実機でのテストではKB3109094を外しても同タイムでした。
      同様の現象がwindows7でも発生しております。(これで記事更新に時間がかかっています。)
      結論としてはKB3109094を外す内容で更新予定です。今しばらく時間がかかっています。

  2.  お世話になります。
    今月もUpdateが終わらないので助かりました。
    先入れで15分ほど待たされましたが、更新リスト確認できました。
    富士通ビジネス機(個人使用)にて。

    1. 自称中級者さん、コメントありがとうございます。
      長年稼働されている実稼働機では、この記事のテスト結果よりも時間がかかると思います。
      15分は妥当な時間と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です