2016年9月月例アップデートの注目はKB3185911とKB3172605

2016/09/15[公開]

 9/14にwindowsアップデートの月例アップデートが配信されているようです。毎月オプション項目も含めて全部の更新プログラムをインストールしている7PCならば、今月は待たずに入ってきたと思いますが、家のwindows7 SP1のPCには7つの更新プログラムが来ていました。その中でも、毎月おなじみwin32k.sysを書き換えるKB3185911と、オプション項目から重要項目に変更になったKB3172605に注目です。

スポンサーリンク

KB3185911

 Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3185848)(MS16-106)のwindows Vista/7/8.1用のパッケージがKB3185911です。名前からして例のwin32k.sysを書き換えるパッケージです。

 特にVistaで、windowsアップデートの「更新プログラムの確認」を異常に遅くします。7でもwindowsアップデートエージェントが最新でない場合に更新の確認がいつまでも終わらなくなります。8.1は未確認ですが、もしかしたら遅くなっているかもしれません。

 その場合は、下記マイクロソフトTechNetのページから、各OS別のスタンドアロンインストーラーをダウンロードして先入れすると良いでしょう。Microsoft Security Bulletin MS16-106 – Critical

2016年8月KB3177725を置き換える

 上記TechNetのページにも書いてありますが、KB3185911は先月のKB3177725を置き換えます。つまりは、リカバリー時やWindows再セットアップ時の200個近いWindowsアップデートの初回、更新プログラムの確認を時短するリストが変わりました。

先月までのリスト

  • KB3109094 [MS15-128] 公開日2015/12/09
  • KB3164033 [MS16-074] 公開日2016/06/15
  • KB3177725 [MS16-098] 公開日2016/08/10
  • KB3178034 [MS16-097] 公開日2016/08/10

今月はこうなりました。

  • KB3109094 [MS15-128] 公開日2015/12/09
  • KB3164033 [MS16-074] 公開日2016/06/15
  • KB3178034 [MS16-097] 公開日2016/08/10
  • KB3185911 [MS16-106] 公開日2016/09/14

この内容で、コチラのまとめ記事を更新しました。解決!7とVista更新プログラムの確認が終わらない対策まとめ

KB3172605

 KB3172605は、Windows7 SP1 の更新プログラムのロールアップで2016年7月にオプションの更新プログラムとして既に配信済みです。それが今回は重要な更新プログラムに昇格されて、もう一度配信されました。

 すでにKB3172605をインストール済みのPCにも再度入ってきたので、中身に変更があったのかもしれません。このロールアップパッケージはあまり情報が出ていないので詳しくはわかりません。Microsoft Updateカタログの情報が更新されており、置き換えられる更新プログラム一覧が出ていました。

KB2639308、KB2661254、KB2677070、KB2679255、KB2699779、KB2732500、KB2749655、KB2923398、KB2973337、KB3000988、KB3004394、KB3008627、KB3020338、KB3040272、KB3075249、KB3139923、KB3156417

重要な更新プログラムに昇格

このKB3172605は、Windows Updateエージェントを7.6.7601.23453にアップデートしてくれます。2016/05/14から更新がありませんが、windows7の現行最新バージョンです。これが自動更新でインストールされるようになるので、来月からの「更新の確認」の時間が改善されるwindows7 PCが増えそうです。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です