外付けUSBがあるとバージョン1903へアップグレードできませんと出る

2019/06/05[公開]

 Windows10のMay 2019 Update(バージョン1903)へのアップデートですが、USB外付けのHDD、USBリムーバブルディスク、SDカードなどがPCにつながっているとアップデートプロセスの途中で「このPCをWindows10にアップグレードできません」と表示されて進めなくなるようにする措置が取られているようです。

スポンサーリンク

このPCをアップグレードできません

  外付けHDD、USBメモリー、SDカードなどをつなげたままバージョン1903へのアップグレードアシスタントを使い(もしくは、インストールメディア使用でも)メジャーアップデートを行っていると、 「インストールに必要な作業を確認しています…」という画面の次に、「このPCをWindows10にアップグレードできません」 と出て先に進めなくなります。

次の作業が必要ですで止まる
次の作業が必要ですで止まる

 お使いのPCには、このバージョンのWindows10で使用する準備ができていないハードウェアが使われています。

 などというメッセージが出ているので、なにごとかと思ってしまいますが、その下の詳細を見るリンクを開くと、マイクロソフトのこちらのページが開いて原因がわかるようになっています。

外部デバイス検知で保留

 外部デバイスのドライブ文字がアップグレードによって変わってしまうことによるトラブルを未然に防ぐためのようです。例えば、外付けHDDがG:ドライブだったのがアップグレード後にH:ドライブになってしまうと問題が起こることがあるからです。

 バージョン1809のときに、C:ドライブ以外にドキュメントを設定しているとメジャーアップデートでデータが消えてしまうトラブルと同様の失敗を未然に防ぐためでしょうか。

 Windows Release Imfomationでも既知の問題に上がっているので、そのうち改善される予定と思われます。Windows Update経由のアップデートでは、外部デバイスが検知されれば現在はメジャーアップデートは配信されないようになっているようです。

 Windows Update経由では問題が改善されて配信開始されるのを待っていればいいだけですが、自分で今すぐアップグレードをかけたい場合にどうすればよいか試してみました。

アップグレードアシスタントの場合

 Windows10のダウンロードサイトに行き「今すぐアップデート」を選んでダウンロードしたWindows10Upgrade9252.exeの「アップグレードアシスタント」でアップグレードしていた場合です。

(補足)何度かメジャーアップデートを行っているPCの場合、デスクトップに「Windows10更新アシスタント」のアイコンが出ている場合があります。これを実行しても同じです。

 アップグレードアシスタントで 「このPCをWindows10にアップグレードできません」 と出た場合は、一旦アップグレードアシスタントを右上バツ「×」で閉じて、USB機器を全部外し、SDカードが挿入されていたら外してもう一度アップグレードアシスタントを実行します。

 ここで「中断したところから続行する」か「最初からやり直す」か聞かれたら、「最初からやり直す」の方を選びます。続行の方を選んでも「もう一度やり直してください」と出て結局最初からやり直すことになるだけでした。

再開せずに最初からやり直す
再開せずに最初からやり直す

 最初からやり直すことで、今度はこの先に進み「インストールする準備ができました。」の画面に進むことができました。

USBメディアからインストールの場合

 USBメモリーに作成したバージョン1903のインストールメディアからメジャーアップデートをかけた場合です。いちど「このPCをWindows10にアップグレードできません」 と出た場合は インストーラー自身が外付けUSBであるので少し面倒です。

 一度このエラーがでると、インストールメディア以外のUSBを全部外してもやはり 「このPCをWindows10にアップグレードできません」と出るようになります。USBのドライブ文字を変更してもダメでした。こうなると先に進めることが出来た方法はこの2通りでした。

  • USBの中身をデスクトップの任意のフォルダーにコピーして、インストールメディアのUSBメモリーも外してコピーしたsetup.exeからアップデート実行
  • 先に紹介したWindows10Upgrade9252.exeの「アップグレードアシスタント」をダウンロードしてUSB機器を全部外して実行

USBメディアのインストーラーから成功した例

 ただし、USBのインストールメディアが全滅という訳ではありません。

(成功例)C:ドライブしかないPCで、D:ドライブのUSBインストールメディアからメジャーアップデートを実行したら成功

(失敗例)C:ドライブが内臓ドライブ、D:ドライブに別なUSBメモリー、E:ドライブにUSBインストールメディア⇒D:のUSBメモリーを外してから、E:のsetup.exeでアップデート⇒ 「このPCをWindows10にアップグレードできません」と出る

 ということで、USBメモリーでもメジャーアップデートできるのは確認しています。USBを全部外したら、一度再起動してからUSBインストールメディアを挿したほうが成功すると思われます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です