Windows Liveメールのデータが消えたと思ったら復元されてたトラブル

2015/10/24[公開]

 windows10にアップグレードしたり、元のOSであるwindows7に戻したりしているうちに、Windows Liveメールのデータが突然消えたように見えるというトラブルです。実は、よくよく見ると「復元されたアイテム」にメールが残っていますという内容です。

 ナゼこの現象が起こるかわかりませんが、メールアカウントを複数利用していたり、受信メールが大量に貯まっている場合に起こるようです。

  • メールアカウント設定は残っている
  • 新しいメールと受信サーバーに残っているメールだけが受信トレイに入っている
  • メールを立ち上げたときに「修復しています」という画面が1回出たような気がする
スポンサーリンク

落ち着いてよく見ると

 Windows Liveメールを開いたら、突然メールがブッ飛んで消えてしまった!となったら誰だってびっくりして慌ててしまいます。しかし、落ち着いてよく見てましょう。左側にあるメールアカウントや受信トレイが並んでいる一番下に「復元されたアイテム」が出ていないでしょうか?

 この「復元されたアイテム」の文字の左横にマウスを合わせると出てくる をクリックして、 にするとフォルダーが展開されます。さらに をクリックして次々と にして展開していったら、見覚えのあるアカウント名や受信トレイ、送信済みアイテムが出てこないでしょうか?そこに過去のメールデータが復元されているはずです。

全部が復元されるまで時間がかかる場合も

 大量にメールがある場合、復元されたフォルダーに復元データが全部戻るまで時間がかかるようです。Windows Liveメールを立ち上げてしばらく開いたままにしておけば、「復元されたアイテム」にジワジワとメールデータが復活していくのが確認できるかもしれません。

1回きりの復元現象発生なら

 windows10にアップグレードしたり、元のOSに戻したりしたタイミングで、この復元現象が起こって「復元されたアイテム」に全部のデーターが無事復元されたのであれば問題はないと思われます。

 過去のメールがそこにあると知っていれば、そのままそこに入れたまま利用し続けても、「復元されたアイテム」から、元のアカウントのフォルダーにメールを移動して「復元されたアイテム」を削除してもいいでしょう。

毎回復元が繰り返される場合

 Windows Liveメールを立ち上げる度に、復元されたアイテムが増え続けるのが止まらない場合は、なにかしら対応が必要と思われます。データバックアップをしてからWindows Liveメールの再インストールなど。

よくあるトラブル?

 当サイトにも検索ワードでwindows10windows Liveメールメールが消えたというキーワードで検索されているのでよくあるトラブルのようです。ちょっと気になっていて、今回サポート依頼があったのがこの現象でした。メールが消えた全てが当てはまるワケではありませんが、こういうケースもあります。というご紹介でした。

スポンサーリンク
広告

こちらの記事もどうぞ

“Windows Liveメールのデータが消えたと思ったら復元されてたトラブル” への4件の返信

  1. Windows10から7に戻したら、メールが消えていてビックリし、ネットで検索してここにたどり着きました。
    おかげさまで、無くなっていたと思っていたメールを、復元する事が出来ました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です