VAIOノート SVE14A1AJ をSSD換装してWindows10(1803)インストール

2018/09/24[公開]

DSCN8111

 Windows7搭載PCだったバイオノート SVE14A1AJ(2012年6月発売モデル Eシリーズ14P)のHDDをSSDに換装して、Windows10 バージョン1803(April 2018 Update)をクリーンインストールしました。

 今回はAmazonの激安SSDにしたのと、不明なデバイスを3つドライバーをあてた情報となります。

スポンサーリンク

Zheino SSD 360GB

 なるべくコストパフォーマンスよくSSDにしたいというご希望だったので、Amazonで激安のZheinoのSSDシリーズにしました。

 3D NAND採用で3年保証、アルミ合金のカバー、360GBという絶妙な容量、SATAケーブルまで付属していて、中華製SSDというだけでコストパフォーマンスは最高です。

DSCN8096
SATAケーブル+ネジが付属していました。
DSCN8106
アルミ合金のボディが高級感あり
crystal-disk-mark
CrystalDiskMark6のテスト結果

換装作業は簡単

 今回の機種は、筐体の裏のHDDが収まっているフタを外せばすぐHDDにアクセスできるので交換は簡単でした。

DSCN8114
HDDへは簡単にアクセスできる機種でした。

不明なデバイス3つ

 Windwos10(バージョン1803)をクリーンインストールすると、Windows Update経由でも自動で入らないドライバーが3つありました。

 正直、2012年モデルのPCで、現行バージョン1803でも自動で入らない不明なデバイスは、そのまま不明なままで良いと思います。(自分のPCならそうします。)

 今回は一応、依頼を受けたPCなので見た目重視で、機種違いとはいえVAIOのページからダウンロードできるドライバーを探しました。

Ricoh PCIe Memory Stick Host Controller
https://www.sony.jp/support/vaio/download/EP0000600610.html

Sony Wireless State Device
https://www.sony.co.uk/electronics/support/downloads/Z0006885

Sony Firmware Extension Parser Driver
http://dls.update.sony.net/pub/oth/64/EP0000148802.zip

クリーンインストールにした経緯

 最初、Windows7から10にアップグレードしたのですが、たくさんあるVAIO GateなどのVAIO専用アプリケーションが削除できない状態になったり、Chromeブラウザーがアップデートできなくなったりで、面倒そうなのでクリーンインストールすることにしました。

 Windows10をクリーンインストールすると、プリインストールソフトの個別再インストールができなくなります。リカバリーメディアを作成していても個別再インストールするために最初にインストールするVAIO CAREがインストールできないからです。

 Microsoft Office 2010だけはインストールできるので、ビジネスモデルのこの機種ならプリインストールソフトで必要なものは少ないです。筆ぐるめ19、PhotoShop Elements、PowerDVD9くらいですが、どれも不要とのことだったので思い切ってクリーンインストールとなりました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)