終了したISPの無料ホームページサービスのサイトをスターサーバー フリープランに移す

2017/09/06[公開]

 ケーブルテレビ最大手のJ:COMの無料ホームページサービスで公開していたホームページをサービス終了に伴い、移設先として無料でかつ広告が出ないスターサーバーの無料プランにて公開できるようにしてきました。

スポンサーリンク

サービス終了したWebSpaceサービス

 J:COMの無料ホームページサービスのWebSpace が2017年1月にサービス終了になっていました。昨年末で@niftyの無料ホームページサービスも終了していますが、その時は少しニュースになりましたが、時代の流れを感じます。

 WebSpaceサービスについて詳細は、下記公式ページを参照してください。

ブログ・ホームページサービス|WebSpace | JCOMサポート

移行せずに放置したまま終了

 別な依頼で訪問していたお客様ですが、ついでの困りごとで最近自分のホームページが見れなくなったという相談です。

 サービス終了の案内メールがずっと来ていたので、ホームページサービスが終了するのは知っていたそうですが、一年に一度しか更新しないので放置しておいたらサービスが完全に終了してしまったようです。PCの中にホームページビルダーで作っていたサイトデータが残っているので、まだ良かったです。

 現在では、J:COMのサービスでは有料のサービスしかないようです。それもサイトアドレスが変わるし、旧アドレスからの転送サービスもやってないようです。これなら、別な無料ホームページサービスを探した方がよさそうです。

スターサーバー フリープラン

 2017年8月からサービスがスタートした、スターサーバーフリープランにしました。レンタルサーバーを提供しているネットオウルが、いままでのサービスを統合してサービス名をスターサーバーに統一したようです。

 メインは格安の有料レンタルサーバーですが、無料プランも充実しています。今回の無料ISPサービスから移るのに最適なHTMLサイト向けの無料プランから、人気のWordPressサイトをひとつ無料で作れる無料WPプランなどもあります。

 スターサーバー フリープランについての詳細は、公式ページをご覧ください。スターサーバー フリープラン

広告無しのフリープランにする

 一番サイト容量の少ないHTMLサイト専用の基本フリープランを申し込みました。一番容量が少ないとはいえ1GBあるので、ISPの無料ホームページサービスから移行するなら十分すぎます。完全に広告が無いのがこのプランになります。(他のフリープランは、スマホ、タブレット画面にのみ広告が出ます。)

 いろいろなサービスを提供しているネットオウルのアカウントを作成して、そのアカウントからスターサーバーの無料プランを申し込むという流れです。スターサーバーの管理ツールからFTPサービスを有効にして、FTPホスト名、FTPアカウント名、パスワード情報を取得します。

 それをPCのホームページビルダーのサイト転送設定(FTP設定)に設定したら、サイトを公開できるようになりました。サイトのURLはhttp://*******starfree.jp に変更になりましたが、これで移行作業は完了です。(完全なる個人サイトなので、SEOとかまったく考慮していません)

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です