プレミアムRAIDストレージ My Book Duo 4.0TBをiMacに設定する

2014/12/25[公開] 2016/08/12[最終更新]

 Western DigitalのUSB外付けHDDでRAID1対応のMy Book DuoをiMac (OS10.9.4)に設定してきました。

mybookduo2

 写真が趣味のお客様で、すでにRAID対応のNASを2基(2TB×2と、3TB×2)ご利用です。それらのNASやiMacも私が設定した、お得意様のお客様です。

 NASは便利ですが、どうしても転送速度が遅いのがネックなので、カメラの写真を取り込むのはiMacの内蔵HDDに取り込んでから、あとでNASに移動していただいていました。しかし、カメラがCanonの一眼レフなので写真のRAWデータのデータ量が多くて内蔵HDDはあっという間に空き容量不足状態になってしまいました。お話を聞くと、NASに転送するのが遅くて嫌だとのことで、今回はUSB3.0対応のRAID対応外付けHDDの出番となりました。

WD My Book Duo製品情報

http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=1260

Amazon.co.jp: My Book Duo USB

Mac対応ですが、OS Xで利用するにはフォーマットが必要です。

 付属の説明書はペラ一枚です。My Book Duoに電源をつないで、USBでPCにつなぐと中にユーティリティとPDF説明書が入っています。

 しかし、それはWindowsでの話しで、この製品は工場出荷時にはHDDがNTFSフォーマットになっています。つまりは、MacではUSBでつないでもドライブのアイコンが出るだけで中は見れません。

Mac 用 WD Drive Utilitiesをダウンロード

 Western Digitalのサイトからユーティリティをダウンロードします。ダウンロードするのは、「Mac 用 WD Drive Utilities」です。

http://support.wdc.com/product/download.asp?wdc_lang=jp&fid=wdsfMB_Duo

Mac 用 WD Drive Utilitiesをインストール

 ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると

mybookduo3

こんな画面が出るので

mybookduo4

 アプリケーションフォルダ(もしくはユーティリティフォルダ)にドラッグアンドドロップします。

Mac 用 WD Drive Utilitiesを起動

 インストールしたアイコンをダブルクリックして開きます。

mybookduo5

 RAID管理タブからRAIDの種類、フォーマットの種類を選んでフォーマットします。

 今回はデータ保護優先のため、ミラー(RAID1)、Mac専用なのでフォーマット形式をHFS+Jにしました。「構成」ボタンを押したら数秒でフォーマットが完了します。

初期設定完了

 以上で、MacでRAID1で2TBの容量を利用できる準備完了です。今回は、写真取り込み用ディスクとして利用するので、Canonの写真取り込みユーティリティの保存先フォルダをMy Book Duoに設定変更して作業完了でした。USB3.0のため、内蔵HDDと遜色ない速度で写真取り込みができるようになりました。

広告

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です