iPhone5か5sか、AuかSoftbankか判別不能からアクティベートする

2016/04/12[公開]

 初期化された状態で譲り受けたiPhoneを、iPod TouchのようにWi-Fiだけで使いたいが、simカードがなくアクティベートできないので、初期設定が進まないのをなんとかした内容です。初期化ができている時点で、出所が怪しい可能性はないiPhoneである前提です。

iPhone5か5sなのか見分ける方法

 黒いiPhone本体のみしかありません。画面サイズからiPhone5か5sだというのはわかりますが、アクティベートできない以上画面で確認できないし、外観の違いからはっきりと判断できません。

 判別方法は、本体背面カバーに刻印されているモデル番号から、5なのか5sなのか判別できました。背面に刻まれているものすごい小さな文字を読んでA1429だったので、下記appleのサイト情報を見て、iPhone5だということが判別できました。iPhone のモデルの調べ方

SoftbankかAuのどちらのiPhoneか不明

 iPhoneを初期化してアクティベートし直す場合、simカードがiPhoneに挿さっていないとアクティベートできません。キャリア販売のiPhoneの場合は、元のキャリアのsimカードが必要です。今回のiPhoneにはsimカードは外されていました。

 iPhone5とわかれば、docomoの選択肢は無くなって、SoftbankかAuのどちらかです。

両社のsimを用意

 周りにnano simサイズのSoftbankとAuの製品を使っている人がいれば、その両方のsimカードを一時的に借りて、どっちかでアクティベートを通してしまえば、その後は再度初期化しない限り、simカードがなくてもWi-Fiオンリーで運用できるようになります。両社のnano simカードが出揃う環境にあればいいのですが、私のようにぼっちで仕事をしていると無理です。

Amazonで購入して揃える

 Amazonで購入できるアクティベートを通すためだけのnano simカードというのが販売されています。ぼっちでもこれを買えば両社のsimカードが手に入ります。価格も両社用のを大人買いできる数百円の買い物です。

 今回購入したソフトバンク用アクティベーションnano simカードsoftbank iPhone5 専用 純正Nano simカード(0.68mm) アクティベーション〓アクティベートカードactivation【nano simサイズ】

 Au用アクティベーションnano simカードAU iPhone5 専用 純正Nano simカード(0.68mm) アクティベーション〓アクティベートカードactivation

両方試してみる

 実際に両方のsimカードを入れてみて試してみたら、今回の機種はAuのiPhone5だったということが判明しました。

SIMカードなしの場合

 まずはSIMカードなしで、Wi-FiでアクティベートしようとしたときのiPhoneの画面です。

 SIMが必要です

iphone-acti11
iPhoneの画面:simカードなし

 PCのiTunesに接続してアクティベートしようとしたときの、iTunesの画面です。

 アクティベートしようとしているiPhoneにSIMカードが取り付けられていません。

iTunesにつなげてアクティベーションしようとすると
iTunesの画面:simカードなし

間違ったキャリアのSIMカードの場合

 キャリア違いのSIMカードを挿して、Wi-Fiでアクティベートしようとしたときの画面です。

 SIMが無効です

キャリア違い:
iPhoneの画面:キャリア違い

同じくPCのiTunesでアクティベートしようとしたときの画面です。

 このiPhoneに挿入されているSIMカードはサポートされていないようです。

iPhoneに挿入されているSIMカードはサポートされていない
iTunesの画面:キャリア違い

正解のSIMカードの場合

 キャリアが正解だったSIMカードを挿して、Wi-Fiでアクティベートが通った時の画面です。(アクティベーションが終わって次の位置情報の画面が出るだけです。)

iPhoneの画面:正解SIMの場合
iPhoneの画面:正解SIMの場合

 PCのiTunesに接続した場合も、アクティベーションの画面の次の画面に移っています。

iTunesの画面:正解のSIMの場合
iTunesの画面:正解のSIMの場合

普段の運用はSIMカードなしでOK

 以上で、キャリア不明のiPhoneが、AuのiPhone5だったと判明して初期化状態からアクティベートできました。初期化して譲渡してくれる人が、アクティベートまで済ませてから渡してくれれば良いだけの話ですが、そこまで気が回る人のほうが少ないでしょう。

 アクティベートさえ済めば、普段のWi-Fi運用ではSimカード不要ですが、今回はAmazonで購入したアクティベート用simカードもそのまま挿したまま、お客様にお返ししました。何かトラブルが起きて初期化することがあるかもしれませんので。

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です