iPadのAirPrintでWi-Fiプリンターが出てこない意外な原因

2015/02/13[公開] 2015/09/13[最終更新]

 設定は間違いないはずなのに、どうしてもiPadやタブレット、スマートフォンからWi-Fi対応のプリンターが見つからないというトラブルが時々あります。

  1. パソコンからは無線LANにつながっていてインターネットが利用でき、同じ無線LANにつながっているプリンターを利用できている。
  2. iPadやタブレット、スマートフォンを同じ無線LANにつなぎインターネットは利用できるが、同じ無線LANにつながっているプリンターが出てこない。

 理論上はプリンターを利用できないはずがないのに、設定できないという不思議な現象です。対応内容を聞けば簡単なことですが、意外なところに原因があるという話です。

スポンサーリンク

無線LANルーターをアクセスポイントモードにしていると発生する場合があります

 原因は無線ルーターのルーター機能をOFFにして、アクセスポイントモードにしている場合に発生する可能性があります。メーカーによって呼び方はまちまちです。APモード、ブリッジモード、アクセスポイントモードなどなど。

 最近はブロードバンドを契約すると送られてくる終端装置はルーター機能を搭載したものがほとんどです、そこに、ご自身で買ってきた無線ルーターをくっつけるわけですが、今どきの無線ルーターなら自分の手前にルーターが存在していると、自動でルーター機能をOFFにするようになっているものがほとんどです。

 普通はそれで全く問題なくインターネットは利用できるし、ローカルLAN内のプリンターやファイル共有もできるハズなのですが、たまに一部のパソコンやタブレット、スマホでLAN内の通信に不具合が発生することもあります。理由はわかりませんが。

ルーター機能を有効にして、2重ルーター状態にしましょう

 対応方法としては、アクセスポイントモードになっている無線ルーターをルーターモードに変更すると改善する場合があります。ルーターモードにする方法は、機種によりまちまちなので説明書をよく読んでください。機器の背面にモード変更するスイッチがあったり、設定画面に入って設定を変えるなど。

 2重ルーターにしたら、別なトラブルが発生したりするので注意が必要です。よくあるのが2つのルーターが同じIPアドレスの設定になっているとインターネットにすら利用できなくなります。ですのでほとんどのメーカーの無線LANが自動でルーターモードをOFFにする機能を搭載しているワケです。また、2重ルーターにしたら共有したい機器をすべて片方のルーターにつなぐようにしないと別な理由でつながらなくなります。

なかなか気づきにくいトラブルです

 そもそもタブレットやスマホでワイヤレス印刷をしようとする人が少ないのか、印刷しようとプリンターを探して出てこないと、そんなものかと気にしない場合も多いでしょう。しかし必要な人には重要な機能です。困ってあちこち電話してもなかなか解決しないハズですね。

 ネットワーク上のプリンターが出てこなくて設定できない以外には、ブルーレイレコーダーで録画した番組をスマホやタブレットに飛ばしたいのに設定できない。などの場合も同じ原因だったりします。パソコンでもたまにファイル共有できない原因のひとつだったりするケースもありますよ。

 当社は訪問サポートなので現場に行けば簡単に解決する内容ですが、電話やリモートサポートでここまで切り分けできたら大したものです。

スポンサーリンク
広告

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です