Gmailで既読メールからだけで検索する方法

2015/07/24[公開]

 Gmailの小技です。Gmailをブラウザで利用していて、かなり古いメールを探すときにキーワードを入れて検索しても目的のメールがなかなか見つからない場合に、「is:read」と検索ワードを追加すると、既読メールからだけ探せて目的のメールが見つけやすかったという内容です。実際に探しにくかった実例を上げて説明しています。

スポンサーリンク

よくある検索ワードでは絞れない

 一年以上前に旅行に行った時に泊まった、何とかホテルはどこで予約したんだっけ?という、うる覚えの記憶しかない場合に、Gmailの予約確認メールを見れば思い出すと思って「予約 確認 」というキーワードで検索してみたのです。

is_read1

 しかし、予約確認というキーワードでは旅行系の宣伝メールのほとんどの本文に含まれているため、検索が全く絞れていません。

 とくにGmailメールの場合は、一ページに表示できる件数がデフォルトで50件(設定変更しても最大で100件)となっているためページ送りを繰り返しながら探すのが大変です。

既読メールだけ検索 is:read

  そこで、検索ワードに「is:read」を追加するだけで、既読メールからのみ検索できるようになり、目的のメールが見つけやすかったのです。

is_read2

プロモーションタブには未読多数

 最近のGmailは自動で「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」と受信メールがタブ分けされています。プロモーションには宣伝メールが振り分けられるため、ほとんど見ないまま未読メールになっていることが多のではないでしょうか。私もメインタブのメールしか見てないです。

 しかし検索ワードを入れて検索すると、すべてのタブから検索したメールが表示されるので、この「is:read」を覚えておくと、過去に読んだメールだけから探すことができるのです。

その他の詳細検索もあります

 Gmailには詳細検索がたくさん用意されています。私は今回紹介したis:readくらいしか使いませんが、いろいろ組み合わせると便利かもしれません。詳しくは下記Gmailヘルプをご覧ください。

スポンサーリンク

Gmailヘルプ|詳細検索

https://support.google.com/mail/answer/7190?hl=ja&topic=41

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です