IE,Firefox,Chromeブラウザー別お気に入りと保存パスワードの移行方法

2016/12/01[公開] 2016/12/06[最終更新]

 Windows向け3大ブラウザーのInternet ExplorerMozilla FirefoxGoogle Chromeブラウザーそれぞれのお気に入り(ブックマーク)、ログインIDとパスワードの保存データを、別なパソコンやリカバリー時に移行させる方法の覚書です。それぞれクラウドサービスを利用していればそれだけで同期(バックアップ)されていますが、何も準備していない状態で突然起動しなくなったトラブル時でも対応できる方法もご紹介します。

 この記事では、できるだけ外部サービスを使わずにブラウザー標準機能や、Windowsファイル操作だけで行える方法しか紹介していません。その他、いろいろなバックアップ、移行方法があるうちの私が利用している方法のご紹介です。

クラウドで同期

 まずは各ブラウザーのクラウドサービスを利用して、データを移行(同期)させる方法です。今時はこれを設定しておけば突然のトラブル時でも安心です。さらにPCだけではなく、スマホやタブレットでも同期して利用できるのが便利です。

Mozilla Firefox

 Firefoxブラウザーでは、Firefox Syncというサービスにアカウント登録してログインしていれば、クラウド上にブックマークや、IDパスワード情報を保存してくれます。

 Firefox Syncについて、詳しくは公式ページをご覧ください。Mozilla Firefox Web Browser – Sync を使って Firefox を同期する

Google Chrome

 Google Chromeブラウザーの場合は、Chromeの設定画面でGoogleアカウントにログインしていれば、クラウド上にブックマークや、IDパスワード情報を保存してくれます。

 詳しくは、Googleの公式アンサーをご覧ください。Chrome にログインする – パソコン – Chrome ヘルプ

Internet Explorer

 Windows8以降のパソコンで、IEのお気に入り、IDとパスワード保存のデータを同期させるには、マイクロソフトアカウントでWindowsにログインしていれば自動で同期されています。

 マイクロソフトアカウントについて、詳しくはマイクロソフト公式サイトをご覧ください。ホーム – Microsoft アカウント

データ保存ファイルを直接移行

 上記クラウドサービスを設定しておらず、定期的なバックアップもない状態で、Windowsが起動しなくなった場合にHDD内のデータ保存場所のフォルダーやファイルを直接取り出して、新しいWindowsに移行する方法です。

Mozilla Firefox

 Firefoxは下記の中にある****.defaultフォルダーを丸ごとコピーしてバックアップします。 +Rキーでファイル名を指定して実行するか、エクスプローラーのアドレスバーに入力すると開きます。

%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\ 

 フォルダー階層を辿っていく場合は、コチラになります。[ユーザー名]部分は、環境により名前が違います。AppDataフォルダーは隠し属性になっているので、フォルダーオプションで隠しファイルも表示する設定に変更が必要です。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles 

 新しいWindowsに移行するときは、先にFirefoxをインストールして一度起動してから閉じた状態で、同じ場所に作成された****.defaultフォルダーの中身を消去して、バックアップした****.defaultフォルダーの中身に入れ替えます。

Google Chrome

 Chromeブラウザーの場合は、下記の[User Data]フォルダーの中にあるDefaultフォルダーを丸ごとコピーしてバックアップします。[ユーザー名]の部分は環境により違います。AppDataフォルダーは隠し属性になっているので、フォルダーオプションで隠しファイルも表示する設定に変更が必要です。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Google\Chrome\User Data 

 新しいWindowsに移行するときは、先にChromeをインストールして一度起動してから閉じた状態で、同じ場所に作成された[User Data]フォルダーの中のDefaultフォルダーを消去して、バックアップしたDefaultフォルダーに入れ替えます。

(追記)Chromeのこの方法、上手くいかない場合もあるようです。自分の場合、1/2で成功と失敗の実績です。まだ2回しか試してないのでもう少し検証が必要のようです。

Internet Explorer

 IEの場合は、お気に入りデータはユーザーフォルダのお気に入りフォルダーをバックアップすることで移行できますが、保存されたIDとパスワード情報を直接ファイルで移行することはできません。Windowsが起動しなくなったトラブル状態の場合、HDDから直接吸い出すことはできません。

 Windowsが起動するのなら、コントロールパネル→ユーザーアカウント→資格情報マネージャーを開いて保存されているIDとパスワードを表示させてメモすることはできます。Windows7以前ならば標準ユーティリティの、Windows転送ツールを使えばお気に入りとIDパスワード情報も一緒に移行できますが、windows8.1は機能限定、windows10では機能削除されています。

クラウドで同期推奨

 以上で各ブラウザーのデータ移行方法のご紹介でした。やはり普段からクラウドを利用しておくのが便利ですし、いまどきの使い方ですね。クラウドを利用していなくても、条件が合えばいざという時にデータを救出できる可能性もありますが、確実性はかなり低くなります。

 最近、Firefoxのお気に入りと保存したパスワードを救出できなかった事例があったので、今回の記事を書いてみました。ブラウザーのデータは、消えてしまっても一つずつ地道に登録し直していけば良いので、深刻度は低いですが、できれば避けたいトラブルです。

こちらの記事もどうぞ

投稿者:

ikt

 このブログに書かれている内容が、パソコントラブル解決の手助けになれれば幸いです。それでも解決しないトラブルがありましたら、当社の訪問サポートをご利用してください。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です